初めは失敗作だった「第九」…当初の演奏会、何があったのか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「第九」。

 年末おなじみの曲といえば「第九」。特に今年は12月16日が作曲したベートーベンの生誕250年とあって、ムードは格別だ。「人類共通の芸術」とも称される名曲だが、なぜか当初の演奏会では散々だった。何があったのか。

民衆の喝采浴びる軍のクーデター、格差・汚職横行する西アフリカの「世直し」か

ベートーベン自ら指揮台に 初演は…

 第九は交響曲第9番の通称で、合唱付きの第4楽章が「歓喜の歌」だ。本格的な合唱が導入された初の交響曲でもある。1824年5月7日にウィーンで初演された当時、ベートーベンは53歳。死の3年前で、既に聴力を失っていた。

 「聴く喜びを禁じられても、私の言葉こそ神の声だ」。第九の誕生が描かれた映画「敬愛なるベートーヴェン」(2006年)では、ベートーベンがそう言って初演の指揮台に立つ。終演直後は客席の歓声がわからず、振り返って初めて総立ちで拍手を送る満場の聴衆が目に入った。やがて恍惚こうこつとした表情を浮かべ、両手を広げる――。

 劇的なハイライトは史実を基に脚色されたものだが、実際の後日たんは穏やかでない。

大規模な編成、高音の歌…演奏途絶え

 初演の興行は運営費がかさんで失敗に終わり、憤慨したベートーベンは関係者を罵倒したと伝わる。半月後の再演は客席が埋まらず実質の赤字。ドイツの音楽新聞は、第4楽章を短く、分かりやすくせよと書き、「作曲家も聴く力を奪われていなければ、同じように思ったはずだ」と痛烈に批判した。ベートーベンの没後、第九の演奏はほぼ途絶えてしまう。

 背景には、当時のウィーンではイタリアのオペラが流行し、交響曲への関心が薄かったことがある。しかも楽譜に書かれた音は当時の演奏技術や楽器の性能を超え、編成も大規模すぎてプロ奏者がそろわない。練習で高音を歌えなかった独唱者が降板したとの逸話も残る。

 「50年もたてば演奏されるだろう」。ピアノ・ソナタの難曲を手がけた際に豪語した通り、時代を先取りしすぎたのだろう。作曲家ワーグナーが最新の楽器に合わせた編曲で全曲演奏し、第九の再評価につなげたのは22年後。ワーグナーは当初の第九について「作曲家が思い浮かべたメロディーを演奏できていなかった」と書き残している。

 ベートーベン研究で知られる音楽学者の平野昭さん(71)は「第九が当初注目を集めたのは、売れっ子作曲家の新作交響曲という観点から。評価が定まったのは後の時代で、メッセージの明快さ、普遍性が人々をひき付けるようになった」と語る。

 「師走に第九」という習慣は日本独特だ。一説には、ドイツに留学経験のあるNHK職員が欧州の習慣だと勘違いし、1940年の大みそかにラジオで流したのがきっかけという。戦後は楽団員が年越し費用を必要としたこともあり、合唱ブームを背景に定着したといわれる。

コロナを超えて

 記念イヤーの今年は関連本の出版やCD発売などが相次ぎ、年末には多くの第九コンサートが計画されていた。だが各地のイベントは、コロナ禍で内容の変更や中止を迫られている。

 1983年以来、毎年12月に大阪で続く国内最大級の第九コンサート「サントリー1万人の第九」は今回、合唱団の人数を制限し、歌う投稿動画を募って会場で“共演”を試みる。総監督・指揮の佐渡裕さん(59)は「こんな時代だからこそ、多くの人がつながり合うことが大切。コロナに負けない第九を世界に発信したい」と訴える。

 ――全ての人々が兄弟となる

 ――抱き合え、諸人もろびとよ!

 ドイツの詩人シラーの作品を基にベートーベンが歌詞に込めたのは、人類愛や平和のメッセージ。コロナ禍に直面する人類に向け、苦難の歴史を超えた「歓喜」の音色を響かせてほしい。

[MEMO]歴史の節目「歓喜」高々と

 第九は時代や国境を超えて愛され続けている。

 編成はベートーベンが作曲した九つの交響曲の中では最も大きく、管弦打楽器に4人の独唱、混声四部合唱を伴う。約70分に及ぶ演奏時間は、それ以前に書かれたどの交響曲よりも長い。演奏が容易ではないとはいえ、スケールの大きさ、メッセージ性の強さが人々をひき付け、祝祭や歴史の節目などで度々演奏されてきた。

 欧州議会は1972年、ヨーロッパ全体を象徴する「欧州の歌」として、「歓喜の歌」を採択した。参加国は言語が多様なため、採用されたのはメロディーのみで、世界的指揮者のカラヤンが編曲した。

 89年11月にベルリンの壁が崩壊したドイツでは、翌12月のクリスマスに巨匠バーンスタインの指揮で演奏され、「フロイデ(歓喜)」という歌詞を「フライハイト(自由)」に変えて歌われた。

 スポーツの祭典で演奏されることもある。98年に行われた長野五輪の開会式では、小沢征爾さん(85)の指揮で第九の大合唱がスタジアムに響き渡った。北京、ニューヨーク、ベルリンなど海外5都市と衛星回線で結ばれ、歌詞に込められた平和への願いを世界中に届けた。

 大阪文化部 淵上えり子 大阪、東京でかつて音楽を担当。趣味はトロンボーンで、本当はブラームスが好き。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1636670 0 エンタメ・文化 2020/11/19 05:00:00 2021/03/22 20:22:34 2021/03/22 20:22:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201118-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)