NHK受信料、不当に支払い逃れる人には割増金…総務省原案

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

NHK放送センター(東京都渋谷区)
NHK放送センター(東京都渋谷区)

 NHKの受信料制度の見直しに向けた総務省の原案が19日わかった。テレビを設置しながら受信契約を結ばず、不当に支払いを逃れる人には割増金を課すことなどが柱となる。テレビを設置した際に届け出を行う制度の導入は見送る。

 総務省はNHKの経営課題を議論する20日の有識者会議で、こうした案を示す。意見公募などを経て、来年の通常国会に放送法改正案の提出を目指す。

 支払い逃れに対する割増金については法制化する方針で、具体策は今後検討する。テレビ設置時の届け出制度は、受信料徴収コストの削減につながるとしてNHK側が導入を求めていたが、有識者や関係団体から否定的な意見が相次いだ。

 このほか、「内部留保」にあたる繰越剰余金が一定水準以上に積み上がった場合は、受信料引き下げの原資とする仕組みも盛り込む方向で調整している。

無断転載・複製を禁じます
1640059 0 エンタメ・文化 2020/11/19 23:31:00 2020/11/21 15:50:36 2020/11/21 15:50:36 NHK放送センター。衛星放送やAMラジオ放送のチャンネル削減方針などを盛り込んだ、NHKの次期経営計画案が4日発表された。事業規模の抑制に大転換する内容だが、総務省は、こうした業務改革にとどまらない「業務・受信料・組織統治」の三位一体改革を突きつけている。東京都渋谷区で。2020年8月4日撮影。同月5日朝刊[スキャナー]「受信料・組織 改革先送り NHK経営計画案」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201120-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ