読売新聞オンライン

メニュー

テレ東にしか描けない…リアル「共演NG」その時、プロデューサーは

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中井貴一×鈴木京香…再会してはならぬ2人

 テレビ東京が禁断の連続ドラマに挑戦している。その名も「共演NG」。決して顔を合わせてはならない2人(中井貴一、鈴木京香)が配役されてしまった連ドラの行く末を描く業界内幕もので、次から次へと起きる抜き差しならぬ騒動は「テレ東にしか描けない」と評判だ。まことしやかに語られる“共演NG”のエピソードだが、担当プロデューサーは「私も経験ありますよ」とさらりと語りだした。その時、どう対処したのだろう。

再会してはならぬ2人(中井貴一、鈴木京香)が同じ連ドラに… (C)「共演NG」製作委員会
再会してはならぬ2人(中井貴一、鈴木京香)が同じ連ドラに… (C)「共演NG」製作委員会

 企画・原作は秋元康。昨年、秋元が手掛けた連ドラ「あなたの番です」(日本テレビ系)がヒット後、各局のドラマ担当者が秋元のもとへ日参したが、テレ東は連絡も取らずにいた。すると秋元サイドから「テレ東さんはどうなってるの?」との声が上がり、慌てて参じた稲田秀樹プロデューサーに秋元が提示したのが本作だった。

「いろいろありまして…」って?

 「テレビや映画のキャスティングをしていると、スタッフから『〇〇さんと××さんは共演NGなんで』と言われることがよくある」という秋元。「たいていは芸能プロダクションのマネジャーから『いろいろありまして』と言葉を濁される。2人は過去に何があったのか」。芸能界を知り尽くしたはずの大御所が抱く素朴な興味から本作は生まれたというわけだ。それでもドロドロ劇にはせず、ニール・サイモン作品のような大人のラブ・コメディーを秋元は要望。白羽の矢が立ったのが中井と鈴木だった。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
1661630 0 エンタメ・文化 2020/11/29 08:54:00 2020/11/29 08:54:00 2020/11/29 08:54:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201125-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)