読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米津玄師さん「変化を肯定しなければ…」カナリヤMVは是枝監督の作

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8月に出したアルバム「STRAY SHEEP」が150万枚以上を売り上げたミュージシャンの米津玄師さんが、同作収録曲「カナリヤ」のミュージックビデオ(MV)を公開した。映像を手がけたのは、日本の映画界を代表する是枝裕和監督。コロナ禍に希望を見いだそうとする人々を描いた短編映画のような作品だ。米津さんに思いを聞いた。(東北総局 鶴田裕介)

コロナ禍、変化することを肯定

米津玄師さん 写真・堀越照雄
米津玄師さん 写真・堀越照雄

 「カナリヤ」はアルバムの最後を飾る楽曲だ。「ありふれた毎日が 懐かしくなるほど くすぶり沈む夜に揺れる 花を見つめていた」と飾らない声で歌う。「日常」が大きく変わったコロナ禍の最中に、「変化することを肯定しなければならない」との思いを形にした。

 「一番苦労した曲が『カナリヤ』で、発表した後も、聴くのに勇気が必要でした」。音楽は外出せず、自分の部屋で作れる。一方で「外に出たり、電車に乗ったりしないと生活がままならない人たちもいる。果たして自分にどれほどやれることがあるのか」。そんな思いが頭の中を巡った。

 制作中、母親に置き去りにされたきょうだい4人の生活を描く是枝監督の映画「誰も知らない」を繰り返し見た。普段、映画はほとんど見ず、きっかけは覚えていない。映画は「些細ささいな日常を、些細なまま切り取っていく」と感じた。

 一人で町を歩くのが好きだという米津さん。路地裏の家の窓からクマのぬいぐるみが見え、軒先に三輪車が置かれている。どんな子供が住み、どんな生活を送っているのだろうか――。そんなことを考えながら景色を眺める。「商店街に家はいっぱいあるけれど、全部が全部、幸せではないと思うんですよね。みんな、何らかの機能不全みたいなものを抱えていて、それをごく当たり前のものとして生きている。是枝さんは、そういうものを真摯しんしに映画の中に落とし込み、最終的に希望を提示している」

ダメ元でオファー、内容は監督任せ

 それが「カナリヤ」で伝えたかったことと重なり、面識のなかった是枝監督に「ダメ元でオファーしたら、やってもらえることになり驚きました」。かつてはMVも自身で手がけてきたが、今回は「あまり自分の意思を介入させたくない」と、内容に口を出さなかった。打ち合わせでは、なぜこの曲を作り、「誰も知らない」を見て感じたことなどを「あちこち脱線しながら長々と」話し、是枝監督はその間、たまにうなずきながら、静かに聞いていたという。

「カナリヤ」のミュージックビデオから
「カナリヤ」のミュージックビデオから

 MVには様々な年代の男女が登場する。老夫婦、学生、ベッドで仲むつまじく語り合う2人……。しかし、人と人とのつながりは時とともに移ろい、人はそれを受け入れるしかない。

残り:673文字/全文:1990文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1653609 0 エンタメ・文化 2020/11/26 05:00:00 2020/11/26 14:14:55 2020/11/26 14:14:55 米津玄師さん 写真・堀越照雄★極端なトリミング不可 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201125-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)