読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

竪穴建物跡の排煙部に大刀、全国初の発見…住居立ち去る際の儀礼

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

かまどの排煙部から出土した大刀(県埋蔵文化財調査センター提供)
かまどの排煙部から出土した大刀(県埋蔵文化財調査センター提供)
環状列石が確認された遺跡(県埋蔵文化財調査センター提供)
環状列石が確認された遺跡(県埋蔵文化財調査センター提供)

 青森県八戸市田面木の「法霊林ほうりょうばやし遺跡」で、奈良時代の竪穴建物跡から、大刀がかまどの排煙部に入った状態で見つかった。住居を立ち去る際の儀礼として入れられたとみられ、排煙部内での発見は全国でも初めてという。むつ市では、下北地方で初めて環状列石が確認されており、先人たちの精神文化を読み解く上で貴重な資料になりそうだ。

 いずれも、県埋蔵文化財調査センターが5~10月に行った調査で見つかった。

 法霊林遺跡では奈良時代の竪穴建物跡9棟が見つかり、大刀はこのうち大型の建物跡から出土した。8世紀半ば~後半頃に作られたとみられる。全長65センチの鉄製で、木製のさやに納められていた。大刀は当時貴重品で、墓などで見つかることが多かった。

 同センターによると、当時は住居を立ち去る時にかまどを壊す風習があった。斎藤岳総括主幹は、排煙部内に大刀が残されていたことについて「もうこの家を使わない、という強い意志の表れではないか」と推測する。

 環状列石が見つかったのは、むつ市田名部の「酪農(3)遺跡」。縄文時代後期前葉(約4000年前)のものとみられ、直径は推定約20メートル。一重の石で構成されている。

 環状列石はこれまでにも県内で複数の発見例があるが、十分に調査は進んでおらず、同センターの鈴木和子総括主幹は「これまで未確認だった地域で見つかったのは大きな成果。環状列石が何に使われていたのかを来年度の調査で明らかにしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1664532 0 エンタメ・文化 2020/11/30 17:23:00 2020/11/30 19:50:03 2020/11/30 19:50:03 かまどの排煙部から出土した大刀(県埋蔵文化財調査センター提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201130-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)