読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

元夫・布袋寅泰の作った曲「最近よく歌う」…山下久美子「思い出に浸っていたら歌えない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 歌手の山下久美子が、デビュー40周年を記念したベスト盤「愛☆(あふ)れて! ~Full Of Lovable People~」(テイチク)を出した。1990年代の曲を軸に収録。90年代は元夫のギタリスト、布袋寅泰が作った歌が多く、後半に離婚もあった波乱の時期。「ライブで最近よく歌い、いい曲がいっぱいあると改めて思った。歌は歌。思い出に浸っていたら歌えない」

山下久美子
山下久美子

 唯一の新曲「Morning Star」は、デビュー曲「バスルームから愛をこめて」を作曲した亀井登志夫から昨年、提供された。「還暦祝いにと軽くプレゼントされた割には、すごいものが届いちゃった」。詞は2018年に世を去った亀井の妻、知永子が残したものだった。「ナミダがこぼれる前に アナタにもう一度いたい」という詞が切なくもポップに響く。「すぐに分かった。タイトルからジーンと来る。うっすら消えかかる朝の星ですから」

 別れの歌を数多く歌ってきた。「ラブラブな曲よりも共感してもらえる。『でも、大丈夫』という気持ちにたどり着く感覚はどの曲にもある」。ハスキーで愛らしい声、軽快かつロック魂もある。相反する要素が同居するところが山下の魅力だろう。

 3枚組みの今作には「赤道小町ドキッ」「宝石」などを歌った18年のライブ音源によるディスク2、1984年のビデオ「黄金伝説」を初DVD化したディスク3も収めた。「黄金伝説」は後藤次利プロデュースのアルバム「アニマ・アニムス」収録曲の映像集で、ミクロネシア連邦のポンペイ島で撮影した。

 現地の海でボートをこいでいたはずの山下が銭湯に移動して植木等に会うなど、とっぴな展開が相次ぐ。「アルバム全曲にビデオがつくのは画期的で、2週間の撮影は楽しかった。内容はよく分からないけれどね」と笑う。当時所属した渡辺プロダクションの元スタッフらとは、今も交流がある。「40年の色々なことを思い出して感慨深い。これからは恩返しをしたい」

無断転載・複製を禁じます
1671128 0 エンタメ・文化 2020/12/03 09:25:00 2020/12/03 19:23:45 2020/12/03 19:23:45 山下久美子 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201130-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)