読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

のん、6年ぶり長編映画で主役…「あまちゃん」以来の共演・橋本愛と「お互い猛烈に照れていた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

映画「私をくいとめて」に出演したのん=三浦邦彦撮影
映画「私をくいとめて」に出演したのん=三浦邦彦撮影

 今年の東京国際映画祭で観客賞に輝いた「私をくいとめて」が18日から公開される。6年ぶりに長編映画で主役を演じたのんは、「いい感じの『のん』を見せられるんじゃないかと思っています」と語る。(田中誠)

 31歳の会社員、みつ子(のん)が、年下の男性・多田(林遣都)と恋に落ち、戸惑いながらも一歩を踏み出していく。「勝手にふるえてろ」の大九明子監督の新作で、原作は「勝手に――」と同じ綿矢りさの小説。

 「みつ子のダメなところもチャーミングなところも、全ていとおしく思える作品。自分も『みつ子』かもしれない、という方たちが、『みつ子』的な部分を肯定できる映画なんじゃないかと思っています」

演じたみつ子のイメージとは全然違う衣装……。「これは攻めの姿勢です。戦闘態勢です。ちょっとパンクロックですね」=三浦邦彦撮影
演じたみつ子のイメージとは全然違う衣装……。「これは攻めの姿勢です。戦闘態勢です。ちょっとパンクロックですね」=三浦邦彦撮影

 脳内に相談役を作り、“おひとりさま”の生活を満喫するみつ子。「おうちが自分のお城みたいになっている感覚には、すごく共感します。部屋に戻ると結構だらだらしてますし」。仕事でお世話になっている年上の女性を、役作りの参考にしたのだとか。

 泣いたり笑ったり怒ったり――と、様々な表情を見せる。中でも、クライマックスのホテルの廊下での激白が胸を打つ。「頑張りましたね。ずっと爆発しているシーンなので、何回かやった後は、頭がボーッとして、酸素が薄くなっていました」

 入念な準備をするタイプで、大九監督を質問攻めにしたり、原作を攻略本にしたりして、みつ子の内面を掘り下げた。また、例えば、泣きそうになる時は喉が締まって鼻がツンとする、という体の状態を覚えておき、撮影現場でスタートがかかる直前に、「五感や皮膚感をその状態に持っていくんです。そうですね、アスリートですね!」と生き生きと語る。

みつ子(のん、左)は、ローマに移住した親友の皐月(橋本愛、右)を訪ねる=(C)2020『私をくいとめて』製作委員会
みつ子(のん、左)は、ローマに移住した親友の皐月(橋本愛、右)を訪ねる=(C)2020『私をくいとめて』製作委員会

 みつ子の親友・皐月を演じるのは橋本愛。NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」以来の共演で、「再び親友役っていうのが感慨深いし、愛ちゃんと2人で同じ画面に映っているのが面白かった」とうれしそうに語る。最初のシーンの撮影の時に見つめ合うことになり、「恥ずかしくて、お互い猛烈に照れてましたね」。

 3月16日にクランクインしたものの、コロナ禍で撮影が一時中断。自身の音楽活動も中止を余儀なくされた。「改めて、映画とか音楽とかアートとかは“いらないもの”じゃない、自分がそういうものに支えられ形作られている、それを否定したくないという気持ちが固まりました」

 貫きたいのは、「人を笑顔にしたいという気持ち。どんなに暗い状況でも、笑うことができれば、明日を生きる活力が湧いてくる。そういう表現で私は突き進んでいきたい」。力強く宣言した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1692892 0 エンタメ・文化 2020/12/11 10:07:00 2020/12/11 10:07:00 2020/12/11 10:07:00 映画「私をくいとめて」に出演した女優ののんさん(24日、東京都渋谷区で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201205-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)