オノ・ヨーコさん「今でもさみしい」…ジョン・レノンさん暗殺40年

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】英ロックバンド「ビートルズ」の元メンバー、ジョン・レノンさん(当時40歳)暗殺から40年にあたる8日、米ニューヨークの現場に近いセントラルパークを多数のファンが訪れ、故人をしのんだ。

8日、米ニューヨークで、セントラルパークのストロベリー・フィールズを訪れ、レノンさんをしのぶ人たち=寺口亮一撮影
8日、米ニューヨークで、セントラルパークのストロベリー・フィールズを訪れ、レノンさんをしのぶ人たち=寺口亮一撮影

 レノンさんは1980年12月8日、この公園に面した自宅前で狂信的なファンの凶弾に倒れた。公園内の追悼スペース「ストロベリー・フィールズ」では、多くの人々が、名曲「イマジン」の題名が描かれたモザイク画に献花したり、レノンさんの歌を歌ったりしていた。レノンさんの顔写真入りバッジをカバンに付けたファンのバージニア・クロスビーさん(80)は「平和を求めた偉大な歌い手だった」と話した。

 妻のオノ・ヨーコさん(87)は8日、「愛する人の死は心をえぐられるような経験だ。40年たった今でもさみしい」とツイッターに投稿した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1687625 0 エンタメ・文化 2020/12/09 12:01:00 2020/12/09 12:34:56 2020/12/09 12:34:56 8日、ストベリー・フィールズで献花してレノンさんをしのぶ人たち(米ニューヨークのセントラルパークで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201209-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)