読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

伊東四朗さん「オレより先に逝くなんて馬鹿野郎」…小松政夫さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

小松政夫さん(2017年8月22日撮影)
小松政夫さん(2017年8月22日撮影)

 「電線音頭」や「しらけ鳥音頭」などで知られるコメディアンで俳優の小松政夫(こまつ・まさお、本名・松崎雅臣=まつざき・まさおみ)さんが7日、肝細胞がんのため東京都内の病院で死去した。78歳だった。告別式は家族で行った。喪主は妻、朋子さん。

 福岡市・博多出身。高校卒業後、俳優を目指し上京。自動車のセールスマンなどを経て、クレージーキャッツの植木等さんに付き人兼運転手として弟子入り。テレビ「シャボン玉ホリデー」でのギャグ「知らない、知らない」が当たり、タレントとして独り立ちした。

 1976年に始まったバラエティー番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」で伊東四朗さんと共に人気を集め、コミックソング「デンセンマンの電線音頭」「しらけ鳥音頭」をヒットさせた。「小松の親分さん」のキャラクターや、「表彰状、あんたはエライ!」などのギャグ、映画評論家の淀川長治さんのものまねでも親しまれた。

 コメディーからシリアスまで演じる、味のある俳優としても活躍。一人芝居やイッセー尾形さんとの二人芝居、「前略おふくろ様」や「北の国から」を始めとするテレビドラマなど、幅広く活動した。2011年から日本喜劇人協会の会長も務めていた。

 伊東四朗さんのコメント「オレより先に逝くなんて馬鹿野郎。会いたかった」

無断転載・複製を禁じます
1694254 0 エンタメ・文化 2020/12/11 16:56:00 2020/12/11 23:57:38 2020/12/11 23:57:38 コメディアン・小松政夫さん。植木等さんとの43年間の師弟関係を語る「昭和と師弟愛」を刊行した。1961年、俳優を目指して上京。22歳から植木さんの付き人兼運転手を務める。東京・渋谷区で。2017年8月22日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201211-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)