読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

契約終了に絶望…親戚は宮本浩次に明るく告げた「あんた、もっと売れ線を歌いな」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮本がボーカルとギター、そして作詞・作曲を担うバンド、エレファントカシマシは1994年のアルバムを最後に、いったんレコード会社との契約が切れた。眉間にしわを寄せて言う。「やっぱり、その頃から意識し始めた。売れなきゃ話にならないって」

ソロ活動とともに、エレファントカシマシのステージにも立つ(今年の東京・日比谷野音のライブで)
ソロ活動とともに、エレファントカシマシのステージにも立つ(今年の東京・日比谷野音のライブで)

 結成は81年。中学の同級生である石森敏行、冨永義之、そして冨永の高校の同級生、高緑成治が加わり、86年には現在の4人になった。力強いロックサウンドに、熱いボーカル。レコード会社のオーディションで入賞するなどし、88年、バンドはメジャーデビューした。「鳴り物入りだった」との言葉通り、同年秋には、注目の若手バンドとして読売新聞の紙面にもその名が登場する。

 だが、人気は定着しなかった。客席を暗くせず、明るいまま公演を行うなどの、奇をてらった面が目立ったのかもしれない。「レコード会社の人も事務所の人も、私たちの音楽が好きだったし、こいつらを売りたいと思ってくれた。熱いファンもいて……」。しかし、そんな彼らの思いに「私が応えきれなかった」。

 契約終了。絶望も覚えた。結婚し、家庭を持ったメンバーもいる。「まだ修業だ。全然力を出していないから」と自分に言い聞かせた。けれど、屈託なく楽しそうにしている若者を町で見かけると、夢破れた自身と対比してしまう。「冗談じゃないよ」と涙があふれた。

 「あんたも、もうちょっと分かりやすい曲作れば良かったのにね」。年末、テレビを見ながら親類が明るく言った。「両親もおばちゃんもみんな、売れ線のものを歌えってさ。でも僕らまだ若かった。次の音楽的な道筋も見えて来てたんだ」

 考え方を変えた。斜に構えるかっこよさは横に置き、ヒットを飛ばす歌手らの曲を聴きあさった。小沢健二やスピッツ、Mr.Children……時代の主流の音を吸収し、力を蓄えていった。

 新たなレコード会社との契約にこぎ着け、96年に「悲しみの果て」をシングル曲として発表。「涙のあとには 笑いがあるはずさ 誰かが言ってた」と、苦しみの中でこそ見える希望を素直に歌い、多くの人の心をつかんだ。

 リリース前、東京・下北沢のライブハウスで披露した。客は約50人。皆が真剣に聴き入るのを実感した。バンドは、ライブハウスでたたき上げたのではなく、オーディションからパッと世に出た。だから、「肌身で触れ合う感覚。すごく新鮮な、でも当たり前で健康なロックバンドの姿を、我々はやっとそこで獲得できたんだと思う」。

 ここが「再デビュー」地点になった。そして翌97年には「今宵こよいの月のように」が初めてシングルチャートでトップ10入り。ファン層は拡大し、人気は確固たるものになっていく。(池内亜希)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1712737 0 音楽 2020/12/19 12:36:00 2021/04/26 16:32:28 2021/04/26 16:32:28 ソロの活動と共に、エレファントカシマシとしても舞台に立つ(日比谷野外大音楽堂 2020から) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201214-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)