読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ガイジンじゃない!」ならば何者か…イッセー尾形、野外一人芝居で問う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ベンチで孤独死、現場をそのまま舞台に

第4幕・2020年「私たちの団地」で、日系ブラジル人のロベルトを演じたイッセー尾形
第4幕・2020年「私たちの団地」で、日系ブラジル人のロベルトを演じたイッセー尾形

 地球の反対側から出稼ぎに来たものの、最後はホームレスとなって公園のベンチのそばで息を引き取る――。ある日系ブラジル人男性を見舞った悲劇を見過ごすまいと、NHK名古屋放送局が、現場となった団地の公園を舞台に風変わりな“公開一人芝居”を制作した。現場ドキュメントを織り交ぜ、29日午後9時からBS1で「ワタシたちはガイジンじゃない! 日系ブラジル人 笑いと涙の30年」として放送する。一人芝居を演じるのはその道の第一人者、イッセー尾形。脚本はエンタメ界をリードする宮藤官九郎に依頼し、働く外国人に頼りながら、どうしても距離を置きがちなこの国の奇妙な一面をからりと描きあげた。

 1990年の入管法改正以降、定住資格を得て次々来日して各地で働くようになった日系ブラジル人。祖国の長引く不況で帰るに帰れなくなった人も少なくない。同局は彼らの姿を長期取材し、今年2月には、名古屋市内の団地の一室で孤独死した60代の日系ブラジル人男性の日本での半生を軸に「クローズアップ現代+」で紹介。彼らの支援を続けてきた「NPOまなびや@KYUBAN」代表の川口祐有子さんらと地域社会が抱える課題を考えた。

 その際、別の60代男性が失業後、5年の路上生活の果てに同じ団地の公園のベンチ付近で亡くなったこともリポート。男性は「帰国すると家族に迷惑がかかるし、自分は死なないから大丈夫」と、川口さんからの申し出を断っていたが、それでも最期に握りしめていたのは川口さんの名刺だった。それを知った川上剛ディレクターが「自分なら彼からどんな話が聞けただろう」と思いを巡らせたのが、今回の企画のきっかけだった。

「天国のお父さんが喜んでる」涙流す観客

 「彼らの境遇を思いやるには、このベンチさえあれば十分」と川上。そこでの一人語りで見せる展開を発案し、尾形に白羽の矢が立った。尾形は「難しいチャレンジだが冒険してみたかった」と“外国人から見た日本人”とのアイデアを提示。取材チームは、同団地や他地域に暮らす日系ブラジル人と日本人の双方からエピソードを集め、それらを基に宮藤が物語を練り上げていった。

第1幕・1990年「ゴミ捨て場」では、自治会長にふんする 
第1幕・1990年「ゴミ捨て場」では、自治会長にふんする 

 先月上演された芝居は、団地の住民たちが見守る中、ブラジルに旅立つ移民を激励する明治時代の男性の姿で始まり、その後、尾形は団地の自治会長、工場のパート従業員、現場監督、そして最後にそこで亡くなった「ロベルト」として登場。終演後、尾形さんは「初めて経験する野外劇場で観客の集中力が心配だったが、空間なんて関係なかった。皆さんの体を通した記憶や体験が舞台で表現されているので、自分の人生と照らし合わせて見てくださった」と振り返る。

 公演後、舞台に花束を届けに来た女性は「天国にいるお父さんが喜んでるわ」と涙を流した。話し方を聞いて尾形は彼女が日系人だと気づいた。「思いはあっても伝える言語が少し拙い。気持ちと言葉の差にどれだけ苦い経験をされたか。自分の言葉で言いたいが、言えない。日系ブラジル人だけでなく、移民や亡命された方たちもそうした体験をするんでしょう。あの表情、抱き締めたくなりました」

互いの人生を知ることが共生の第一歩

 実際、日系ブラジル人の観客からは「自分たちの物語そのもので驚いた」「私たちのことを知ってくれてありがとう」などの声が上がり、日本人からは「彼らのルーツや境遇を知り、見え方が変わった」との感想が聞かれた。取材チームの植村優香ディレクターは、「完璧な共生をすぐに見つけるのは難しい」としつつ、「互いの人生を知ることは『共に生きる』ための一歩につながる」と話す。

現場ドキュメントでは、日系ブラジル人の写真家が撮影した同胞たちの働く姿も紹介される(マエダ・ジュニオールさん撮影)
現場ドキュメントでは、日系ブラジル人の写真家が撮影した同胞たちの働く姿も紹介される(マエダ・ジュニオールさん撮影)

 番組タイトルにある通り「ガイジンじゃない」ならば、彼らは何者なのか。視聴者への問いかけでもある。石田望チーフ・プロデューサーは、彼らがコロナ禍で仕事を失っている実情も踏まえ、「労働力として来日し、日本社会で働いている外国人の方々に今こそ目を向け、共に暮らしていくことを目指さないと、私たちもダメになっていく時代なのでは」と訴えている。

無断転載・複製を禁じます
1735941 0 エンタメ・文化 2020/12/29 10:02:00 2020/12/29 10:02:00 2020/12/29 10:02:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201225-OYT8I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)