読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

福山雅治にも「力を借りないと」…由紀さおりが若い世代に伝えたい「日本の歌の源流」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 由紀さおりが姉、安田祥子と童謡や唱歌を披露するアルバム「家族の愛に包まれて」(ユニバーサル)を出した。ゲストに歌手の木山裕策を迎えて三声で歌い、福山雅治の「家族になろうよ」などJポップもレパートリーに加えた意欲作だ。テーマは「家族愛」。由紀に狙いを聞いた。(清川仁)

アンジェラ・アキが手がけた「あなたにとって」は、自身のソロアルバムに続いて収録した。「独特の気候風土の中に私がいる、という歌で、新しい日本の叙情歌になりうる。一生歌っていく」=池谷美帆撮影
アンジェラ・アキが手がけた「あなたにとって」は、自身のソロアルバムに続いて収録した。「独特の気候風土の中に私がいる、という歌で、新しい日本の叙情歌になりうる。一生歌っていく」=池谷美帆撮影

 収録曲は10曲。福山の「家族に――」やKiroroの「未来へ」のほか、持ち歌の「冬の夜」「里の秋」などを収めた。「今は『Z世代』って言うの? 若い人たちにキャッチしてもらうには、日本の歌の源流は童謡・唱歌にあると言っても始まらない。福山くんの力も借りないと」

 家族愛をテーマに据えるため、“安田ファミリー”の父役を探した。「助っ人を頼まなきゃと考えていたところに偶然、私が通っていた耳鼻咽喉科に来たのよ」と、木山に白羽の矢を立てた経緯を明かす。木山のことは、デビューの契機になったテレビのカラオケ番組の頃から見ていたという。

 「home」のヒットで知られ、穏やかな歌声の木山だが、「3人の声を溶け合わせるためには、日本語の響かせ方をもっとまろやかにしないとダメなの」。木山は録音前に、安田のレッスンを受けた。その成果が出て、「グリーン・グリーン」などでは木山の主旋律に、姉妹がスキャットでハモる新たな形が生まれた。

 家族愛というテーマは、コロナ禍による「ステイホーム」の風潮から生まれた。「家でリモートで仕事をするようになったお父さんは、家事の大変さが分かったはず。家族をめぐる状況が複雑になったからこそ、改めて家族愛を考えるきっかけにしたい」。由紀自身は、食卓で父親の座る場所が決まっている“封建的”な家庭に育ったが、「嫌いじゃなかった」と振り返る。「高校卒業直後のデビューを目指して失敗し、短大へ進学したいと母に相談していましたが、最後の決断をするのは父。登校の道すがら、『大学に行っていいよ』と父が言ってくれたのが、すごくうれしかった」

 どの曲にも父や母、妹などが歌われている。一方、「ペットも家族じゃないの」と、「星が歌った物語~ポロ兄ちゃんとタンちん君~」も選んだ。山川啓介作詞、船村徹作曲の切ない曲だ。家族同様の愛犬、愛猫の鎮魂歌を歌ってほしいとの船村のリクエストから約20年前に制作した曲だった。「レコーディングで号泣していた船村さんを思い出す。今はあちらで仲良くやっているかしら」。くしくも同じ2017年に鬼籍に入った山川と船村に思いをはせる。

 由紀は19年にデビュー50周年を迎え、三味線、日舞、歌、芝居の4役をこなした「夢の花―蔦代という女―」という舞台に挑んだ。その再演を2月13、14日に、東京・銀座の観世能楽堂で行う。「芸事の究極は一人芸と思い、50年が最後のチャンスと何年も準備をした」。昨年も再演を目指して、改めて稽古をしたという。「この業界、努力なしには生き残れない。これからは、コロナの中をどう過ごしたのかが、問われると思います」。(電)03・3341・0627。

無断転載・複製を禁じます
1769239 0 エンタメ・文化 2021/01/14 09:02:00 2021/01/14 09:02:00 2021/01/14 09:02:00 歌手の由紀さおりさん。東京都渋谷区で。2020年12月7日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)