読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

役柄イメージが歌に反映された中山美穂、筒美京平・松本隆コンビと相性抜群…「後の大物」も曲提供

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中山美穂の「All Time Best」
中山美穂の「All Time Best」

 昨年、希代の作曲家・筒美京平が亡くなり、作詞家・松本隆との名コンビぶりが再び注目されたが、2人は中山美穂の1985年のデビュー曲「『C』」を始め、多数の中山作品に関わっている。女優として世に出た中山は、役柄のイメージが歌に反映。「『C』」や「生意気」は、早熟で不良っぽい感じ。コミカルなドラマの主演で勢いが増した頃は、「ツイてるね ノッてるね」「『派手!!!』」などアップテンポのポップな曲を2人は打ち出し、中山との相性は抜群だった。

 その後、しっとりとした大人の魅力を身につけた中山には、後に大成する若手作家も楽曲を提供。「50/50」は小室哲哉作曲。AKB48のヒットメーカー、井上ヨシマサは「Rosa」で実力を示している。様々な作家の才能も分かるベスト盤「All Time Best」はキングから発売。サブスクリプションも解禁された。(清川仁)

無断転載・複製を禁じます
1771759 0 エンタメ・文化 2021/01/15 09:00:00 2021/01/15 11:11:59 2021/01/15 11:11:59 All Time Best/中山美穂 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)