読売新聞オンライン

メニュー

菅田将暉「芝居がしたい」…セットの端で2人きり、涙目で心情を説明する山田監督に役が重なった

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「『作品なんて関係ない』『俺だけ見て』みたいな時期もあったけど、今は『みんなで面白いもの作れたなあ』の方が快感かな」と語る
「『作品なんて関係ない』『俺だけ見て』みたいな時期もあったけど、今は『みんなで面白いもの作れたなあ』の方が快感かな」と語る

映画の神様信じ続けた男、その家族に起きる奇跡

 人気者を「今が旬」と形容することがあるが、この人はここ数年、ずっと旬である。

 4月公開の山田洋次監督の新作映画「キネマの神様」で主人公ゴウの若き日を演じる。山田監督の現場に参加するのは初めて。

 「僕らの世代からすると、歴史上の人物みたいなレジェンド。山田組には、日本映画史が詰まっていて……いろいろなところで言いふらしています。『最高だったよ』って」

 映画の神様を信じ続けた男と、その家族に起きる奇跡の物語。菅田が出演する過去のパートでは、映画の撮影所で助監督として働くゴウらの青春が描かれる。

「キネマの神様」の撮影現場で、山田洋次監督(左)と(C)2021「キネマの神様」製作委員会
「キネマの神様」の撮影現場で、山田洋次監督(左)と(C)2021「キネマの神様」製作委員会

 忘れられないのは、一度OKになったシーンを翌日に撮り直したこと。「菅田君、ごめん、もう一回やりたいんだ」「ゴウはたぶん、ここで泣き出しちゃうと思うんだ」。セットの端で2人きり。涙目でゴウの心情を説明する山田監督の姿に、ゴウが重なった。

 「何かこっちも泣けてきて。監督がそこまで情熱を持ってくれているのが俺はうれしかった」

 コロナ禍に見舞われた2020年。「人と会えないと何もできない」という無力感を味わった。時に過酷な撮影現場に「また行きたくなるだろうか」という不安にも襲われた。

 「これから先のお芝居が、ただの業務になるのか、楽しめる仕事になるのかの境目だった。でも、思えたんです。『お芝居がしたいな』って」

 本作を始め、昨年取り組んだ仕事が次々と世に出る21年は、「ためていたものを爆発させる年になりそう」。今年も旬は続く。きっとその先も。

志村けんの思い受け止め、演技に変化

 映画「キネマの神様」(4月16日公開)に主演する菅田は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた撮影をこう振り返る。

 「たぶんこの映画は、完成させることがまず大事で、そことの闘いでした」

 中でも、ダブル主演のはずだった志村けんさんの死は大きな悲しみだった。しかし、撮影中断中、テレビ番組の収録で会ったお笑い芸人から何度も、「志村さんは、この映画に出ることを楽しみにしていた」と伝え聞いた。

「キネマの神様」から(C)2021「キネマの神様」製作委員会
「キネマの神様」から(C)2021「キネマの神様」製作委員会

 「そういう思いを知った僕のお芝居は、知らない時とは絶対に違うものになる。志村さんの存在は絶対に残ると思っていました」

 志村さんの後を継いだのは沢田研二。「とてもチャーミングで、久々に先輩のお芝居を見て興奮しました。同じゴウなので変な感じですけど、本当に光栄です」と感激を表現した。

 山田洋次監督は撮影の合間、大先輩の小津安二郎監督や往年の銀幕スターとの思い出、初めて自分の映画が上映された時の気持ち、もう監督をやめようと思った時のことなど、いろいろな話をしてくれた。演じる主人公ゴウの若き日には、そんな山田監督の思い出が投影されている。

 脚本を読み、「映画の美しさが詰まっている」と震えた。「もの作りに向き合う人たちの話で、その滑稽さ、格好良さがある。僕らの仕事はお米と違い、ないと生きていけないものではないけど、ないと寂しいもの。自分が接してきたものを、誇りに思えましたね」

 キネマ=映画は自身にとって「謎の使命感があって、一番一生懸命になれるもの」。ゴウは、センスがありながら、自信を失い、映画監督になる夢を諦めたが、「どんな目標や夢を持っている人でも、きっと自分の中に美学があって、闘う現場がある。そういう人たちが迷いそうになった時、(これを見て)あと一歩踏ん張れる映画になれば」と願いを語った。(文・田中誠 写真・沼田光太郎)

出番なくても観察、懸命に学びとる…山田洋次監督

山田洋次監督
山田洋次監督

 その昔、映画が娯楽の王座を占め、また日本映画が世界中の関心と尊敬を集めていた黄金時代があり、あの頃の活気に(あふ)れていた撮影所で、夢を追いかけていた青年を菅田君は的確に演じてくれました。撮影現場では、自分の出番がないシーンでも現場を観察しながら演技とは何かを懸命に学びとろうとする姿勢に溢れていて、とても気持ちの良い青年です。まだ若いし、芝居の筋も良く、彼が多くの作品に呼ばれる理由がよく理解できます。

すだ・まさき

 1993年2月21日生まれ。大阪府出身。2009年に「仮面ライダーW」でデビュー。13年の映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞、17年の映画「あゝ、荒野 前篇」で同賞最優秀主演男優賞などを受賞。19年の舞台「カリギュラ」で読売演劇大賞の杉村春子賞(新人賞)を受賞。17年から音楽活動を開始。昨年11月、アニメーション映画「STAND BY ME ドラえもん2」の主題歌の最新シングル「虹」を発表した。

キネマの神様(4月16日公開)

 松竹映画100周年記念作品。監督は山田洋次、原作は原田マハによる同名小説。1950~60年代、映画監督を夢見るも、初監督作品「キネマの神様」が幻に終わったゴウ。2020年、妻にも娘にも見放されるダメな男となっていたが、あの日の脚本が出てきたことで止まっていた夢が再び動き始める。沢田研二と菅田将暉のダブル主演で、それぞれゴウの現在と過去を演じる。出演はほかに、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子ら。

無断転載・複製を禁じます
1760245 0 エンタメ・文化 2021/01/10 09:04:00 2021/01/10 12:42:01 2021/01/10 12:42:01 映画「キネマの神様」に主演する菅田将暉さん。「『作品なんて関係ない』『俺だけ見て』みたいな時期もあったけど、今は『みんなで面白いもの作れたなあ』の方が快感かな」と語る。東京都港区で。2020年11月29日撮影。2021年1月1日朝刊第3部「元日第3部 先達の思い 映し出す 映画「キネマの神様」主演 菅田将暉」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)