読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

受信料値下げはNHK改革の第一歩…衛星契約と地上契約の一本化も課題

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NHKは13日、2021~23年度の経営計画を発表した。過去最大規模の受信料値下げを盛り込むなど、抜本的な経営改革の方針を示したが、公共放送としてNHKがどうあるべきか、改革は第一歩を踏み出したばかりだ。

 経営計画では、視聴者にとって割高感が指摘される衛星契約と、地上契約を一本化した「総合的な受信料」の導入に向けて検討することも明記した。地上契約の世帯が衛星放送を見る「ただ乗り」などの不公平さを解消する狙いがある。

 こうした受信料制度の刷新案と同時に、受信料収入の減額に見合うよう、事業規模をスリム化させる方針も打ち出した。事業規模(予算)については、3か年で550億円規模の支出削減を行い、23年度には事業支出を6800億円まで抑制する見通しを示した。

残り:368文字/全文:701文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1768912 0 エンタメ・文化 2021/01/14 05:00:00 2021/01/14 05:00:00 2021/01/14 05:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)