読売新聞オンライン

メニュー

【独自】北斎、「不仲」説の兄弟子と合作…肉筆画見つかる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 江戸時代後期に活躍した浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)が、数え19歳~30歳代半ばに所属した勝川派の門人らと合作した肉筆画が見つかった。50歳前後の作品とみられる。北斎と不仲説が伝わる兄弟子・勝川春好しゅんこうも寄せ描きしており、研究者は「春好と不仲となり勝川派を離脱したと伝わる北斎の、その後の交流を伝える新発見」と注目している。

葛飾北斎と勝川派の絵師らが寄せ描きした、新発見の肉筆画「青楼美人繁昌図」。一番手前の女性を北斎、右端の娘を豊国、一番奥の男性を春好が手掛けた(文化年間中期、個人蔵)
葛飾北斎と勝川派の絵師らが寄せ描きした、新発見の肉筆画「青楼美人繁昌図」。一番手前の女性を北斎、右端の娘を豊国、一番奥の男性を春好が手掛けた(文化年間中期、個人蔵)

 見つかった肉筆画は、妓楼ぎろうの遊女ら6人が描かれた「青楼美人繁昌図せいろうびじんはんじょうず」。北斎は一番手前に妓楼の女将おかみ風の女を、春好は一番奥のたいこ持ちの男を描く。ほかに、歌川豊国ら4人が人物を1人ずつ手がけている。

 約2年前、西日本の旧家が所蔵していたのを東京の美術商が入手。勝川派に詳しい内藤正人・慶応義塾大教授(日本美術史)が、「北斎筆」のサインや「亀毛蛇足きもうだそく」の落款、線描や色遣いなどから北斎の真筆と鑑定した。

 また、すみだ北斎美術館(東京都墨田区)によると、北斎の落款の摩耗具合などから1810年前後の制作と推定されるという。作品は来月9日から、同美術館で始まる肉筆画の特別展「筆魂 線の引力・色の魔力」で公開される。

 内藤正人教授の話「勝川派を飛び出した北斎は一門と距離を置いたというのが定説だが、依頼があれば合作もいとわない関係があったと考えられる。北斎と春好が同じ画面に競作したものは例がなく、2人の不和は既に過去のものだったことがわかる貴重な作品だ」

無断転載・複製を禁じます
1770304 0 エンタメ・文化 2021/01/14 15:00:00 2021/01/15 09:30:13 2021/01/15 09:30:13 葛飾北斎と勝川派の絵師ら6人が寄せ描きした、新発見の肉筆画「青楼美人繁昌図」(文化年間中期、個人蔵) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210114-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)