読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】森鴎外、医学生として猛勉強…16歳の直筆冊子「筋肉通論」見つかる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文豪・森鴎外(1862~1922年)が1878年(明治11年)、東京大医学部生だった16歳の時に書いた約100ページに上る直筆の冊子が東京都内で見つかった。ドイツ人教師の生理学の講義を聴き、翻訳してまとめたものだ。冊子の存在は研究者にも知られていない。鑑定した早稲田大の宗像和重教授(日本近代文学)は「医学生としての猛勉強ぶりがうかがえ、表現することへの意識の芽生えも垣間見える貴重な史料だ」と話している。

今回見つかった鴎外直筆の冊子「筋肉通論」
今回見つかった鴎外直筆の冊子「筋肉通論」
森鴎外 森鴎外記念館(島根県津和野町)提供
森鴎外 森鴎外記念館(島根県津和野町)提供

 冊子は、表紙左上に「筋肉通論」という題名があり、裏表紙には「(明治)十一年八月二十三日 森林太郎」と記されている。二つ折りの半紙50枚をこよりでとじた体裁で、17章の本文は漢字カタカナ交じりの縦書き。「肉力理論」「電気刺衝論」といった「項目」がある。

 冊子は2019年11月、都内で開かれた古文書などの入札会に出品され、宗像教授が落札して、調査した。

残り:416文字/全文:1027文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1778354 0 エンタメ・文化 2021/01/18 15:00:00 2021/01/18 15:43:13 2021/01/18 15:43:13 今回見つかった「筋肉通論」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210118-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)