読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

芥川賞・宇佐見さんは「言葉が鮮やか」、直木賞・西條さんは「手慣れて完成度が高い」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

芥川賞に決まった宇佐見りんさん(右)と直木賞の西條奈加さん(日本文学振興会提供)
芥川賞に決まった宇佐見りんさん(右)と直木賞の西條奈加さん(日本文学振興会提供)

 第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が20日、東京・築地の料亭・新喜楽で開かれ、芥川賞は大学2年生の宇佐見りんさん(21)の「し、ゆ」(文芸秋号)に、直木賞は西條奈加さん(56)の「うらさびし川」(集英社)に決まった。副賞100万円。贈呈式は2月中旬、東京都内で行われる。

宇佐見りんさん
宇佐見りんさん

 宇佐見さんは静岡県生まれ。2019年に「かか」で文芸賞を受け、デビュー。同作は三島由紀夫賞にも輝いた。芥川賞は初ノミネートで射止めた。同賞史上3番目の若さで、現役大学生の受賞は、04年の綿矢りささん以来。

 受賞作は、生きづらさを抱えた10代の女性が主人公。SNSを使ってアイドルを応援することを心の支えに、生きていく姿を描く。島田雅彦選考委員は「ヒロインの自意識を描く際の言葉が鮮やか。非常に文学的偏差値が高い」と評した。

西條奈加さん
西條奈加さん

 直木賞の西條さんは北海道生まれ。05年に「金春屋ゴメス」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。15年、「まるまるのいが」で吉川英治文学新人賞。今回は初の候補で賞に輝いた。

 受賞作は、江戸の片隅を流れるどぶ川沿いの長屋などを舞台とする連作短編集。行き詰まり、人生にもがきながらも、小さな希望を見いだす人々の哀歓を丁寧に描いた。北方謙三選考委員は「非常に手慣れた作品で完成度が高い。きちんと時代考証もされていて、長屋に一つの世界を創りあげていた」と講評した。

無断転載・複製を禁じます
1784385 0 エンタメ・文化 2021/01/20 17:17:00 2021/01/21 00:33:03 2021/01/21 00:33:03 芥川賞を受賞した宇佐見りんさん(右)と直木賞を受賞した西條奈加さん(日本文学振興会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210120-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)