読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

動機はそちらで見つけてください…父親殺しの女子大生に憑依、芳根京子が流す涙に震える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 父親を殺害した女子大生の心の闇に迫るミステリー「ファーストラヴ」(堤幸彦監督)が、2月11日から公開される。“情緒が不安定な容疑者”という難役に挑んだ芳根京子は「見た方がどういうふうに受け取ってくれるか、久しぶりにワクワクする作品と出会いました」と話す。(右田和孝)

 原作は、島本理生の同名の直木賞受賞小説。

 動機はそちらで見つけてください――。アナウンサー志望だった女子大生、聖山環菜(芳根)が、画家の父親を殺害した事件は、世間の関心を引く。なぜ、彼女は父親を殺したのか。公認心理師の真壁由紀(北川景子)は、義弟で担当弁護士の庵野(中村倫也)と共に面会を重ねていく。

「役の一番の理解者でありたいと思って演じています」=園田寛志郎撮影
「役の一番の理解者でありたいと思って演じています」=園田寛志郎撮影

 「私と似たところがまるでないんです。お芝居って、演じる役にどこか自分と似たところを見つけて引き寄せていくものだと、これまで思っていたんですが。私は家族から愛情をたくさんもらって育ったという実感があるけれど、環菜にはない。性格も、ものの考え方もまるで違っていて」

 面会室で真壁と対話を重ねるごとに、少しずつ変わっていく心情をどう表現するかが見せ場だ。綿密にコントロールしていたという。

 「行き当たりばったりではなくて、真壁との距離感やテンションなど、最終的に、ちゃんとここまで持って行かなくちゃいけないというのを想像して、この場面ではここまで行くと、自分の中に『点』を打ってのぞんでいました。堤監督からもその都度、『もっと行っていいね』とか、『もうちょっと抑えて』とか、客観的なアドバイスをいただいていました」

法廷に立つ環菜(芳根)。自らの心に壁を作ってきた(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会
法廷に立つ環菜(芳根)。自らの心に壁を作ってきた(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

 役が乗り移ったかのように見える「憑依(ひょうい)型」とも評される女優だ。本作では、環菜と真壁、それぞれが心に抱えてきた過去が面会室でシンクロしていく場面で迫真の演技を見せる。ぽろぽろとこぼれ落ちる芳根の涙と、北川の涙。ワンカット(長回し)の一発勝負で撮られたという。

 「どうしてあんなに涙が出たのか、自分でもわからないんです。でも、あの場面は、環菜と頭と心が一つにつながった感覚があったんです。撮影が終わった時には、『ホッとした』以外の言葉が見つかりませんでした」

 1997年生まれ。2013年にデビューし、16年、NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインに。19年には映画「散り椿」などの好演で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。年々、女優としての評価を高めている。今年は年女だ。

 「毎年、年の初めに、去年を超えようと誓っています。(コロナ禍で)昨年は思うように動けなかったので、今年は2年分頑張るつもりです」

無断転載・複製を禁じます
1819299 0 エンタメ・文化 2021/02/04 08:41:00 2021/02/04 08:41:00 2021/02/04 08:41:00 映画「ファーストラヴ」に出演する芳根京子さん(19日、東京都千代田区で)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210130-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)