読売新聞オンライン

メニュー

デジタル化 悪影響に警鐘…大反響「スマホ脳」著者 ハンセン氏に聞く

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スウェーデンからオンラインで、東京の記者の取材に答えるアンデシュ・ハンセン氏
スウェーデンからオンラインで、東京の記者の取材に答えるアンデシュ・ハンセン氏

 スウェーデンの精神科医、アンデシュ・ハンセン氏が著した『スマホ脳』(新潮新書、久山葉子訳)が、8刷22万部に達し、大きな反響を呼んでいる。スマートフォン(スマホ)が脳に与える影響に警鐘を鳴らすもので、オンラインでの取材に答えたハンセン氏は「スマホのある現代社会と人間の脳のミスマッチを、知らない人がたくさんいる」と語る。(文化部 小林佑基)

眠れず集中力低下 「規制検討を」

■各国で異例の売れ行き

 本書は、スマホが記憶力や集中力、学力を低下させ、睡眠障害やうつ病をもたらすことを、多くの研究成果を挙げて紹介する。原著は一昨年にスウェーデンで刊行され、42週にわたってベスト20入り。版権は中国や韓国、スペイン、ロシアなど13か国に売れ、日本でも、無名の外国人による著書としては、異例の売れ行きだ。また、ほかの新潮新書と異なり、多くの子育て世代や女性が手に取っているという。

 ハンセン氏は、スマホが人間に大きく影響を及ぼす理由を、「人間の脳が数万年前から変わっていないからだ」と強調する。例えば脳は、新しい情報やネガティブな感情にはすぐに反応する。また、集中力を持続させることも苦手だ。いずれも狩猟採集生活の中で生き延びるために培ってきた特性で、その特性をフェイスブックやツイッターなどのSNS運営企業が利用しているのだ、と言う。他者の投稿や反応、興味を引くニュースなどを次々に提示しては利用者の注意を引き付け、広告を売る。「脳はハッキングされ、四六時中、私たちの『注意』が利用されている。私たちは彼らの顧客ではなく、商品になってしまった」

■教育への導入も疑問視

 とりわけ問題なのは、スマホがわずか10年ほどの間で人々の生活を一変させたことだとする。「これほど短期間で変わったことは、人類史上ない」。そして今や、成人は1日平均4時間、若者の2割は7時間もスマホに費やすようになってしまったという。このため本書は、睡眠や運動、面会などに割く時間が減り、睡眠障害やうつが顕著に増えたと指摘する。スウェーデンでは成人の9人に1人以上が抗うつ剤を服用しており、睡眠障害の若者が約20年間で8倍に増えている。

 自身や家族の姿に思い当たる節がある人は、日本でも多いはず。ハンセン氏は、何らかのスマホ規制を検討した方がいいと主張する。「未成年など一部の人には、アルコールやギャンブルと同じように、使用や広告の制限が必要だ」と語り、氾濫するフェイクニュースに対しても、言論の自由とのバランスを考えつつ、規制をかけるよう提案する。

 日本でも進められている教育現場へのデジタルツールの導入も、科学的な検証を参照しながら慎重に判断すべきだとする立場だ。本書でも、手で文字を書く能力が読む能力と深く関わっていることや、デジタルツールが注意力をそぐことが示される。「新しいという理由だけで優れていると思わない方がいい。やみくもに取り入れたスウェーデンでは、子どもたちの学習効果が落ちた」

 他方でハンセン氏は、過去への郷愁から本を記したわけではないと語る。コロナ禍でも外部とつながりやすくなったことなど、デジタル化の光も指摘し、物事には両面があると説く。その上で、人間が受ける悪影響を最小限にとどめるため、自らのスマホ利用時間の把握や、毎日数時間は電源を切ることなど、推奨する行動を本書に列挙した。

 「デジタル化した社会は元に戻せないし、放っておけば望ましい方向に向かうわけでもない。だから私たちは、テクノロジーに支配されるのではなく、支配しなければならない。まずは知識を仕入れることが重要。スマホに対する脳の脆弱ぜいじゃく性や人間の本質を知り、議論を始めてもらいたい」

 本書で紹介された、スマホなどのデジタルツールにまつわる研究成果の例

 ・スマホを教室外に置いた学生の方が、サイレントモードにしてポケットにしまった学生よりも、記憶力と集中力でよい結果が出た

 ・スマホやパソコンなどのスクリーンを見ている時間が長い人ほど、よく眠れなくなる。特に、夜遅くは影響が顕著

 ・SNSに時間を使うほど、人生に対する満足度が下がる。自己評価が低く自信がない人は、SNSのせいで精神状態が悪くなるリスクを抱えている

 ・紙とタブレット端末で同じ物語を小学校高学年の児童たちに読ませたところ、紙の書籍で読んだグループの方が、内容をよく覚えていた

 ・スクリーンを見ている時間が長い若者ほど、うつ病のリスクが高まる

無断転載・複製を禁じます
1810356 1 エンタメ・文化 2021/02/01 05:00:00 2021/02/01 05:00:00 2021/02/01 05:00:00 Zoomでの取材に答えるアンデシュ・ハンセン氏 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210131-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)