読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

顔つぶされた光秀の怨念か、「黒幕」は?…真相「本能寺の変」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

気鋭の専門家が 鼎談(ていだん)

明智光秀像(大阪府岸和田市の本徳寺所蔵)
明智光秀像(大阪府岸和田市の本徳寺所蔵)

 NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が7日、いよいよクライマックスを迎える。明智光秀がなぜ主君・織田信長を討ったのはよく分かっておらず、いまだに「本能寺の変」は日本史最大の謎なのだ。本来の狙いは何か。そもそも光秀と信長の関係は――。金子(ひらく)・東京大史料編纂(へんさん)所准教授、柴裕之・東洋大非常勤講師、丸島和洋・東京都市大准教授という気鋭の専門家を招き、最新の研究から「光秀と信長と本能寺」の真相に迫った。(構成・読売新聞文化部 多可政史、前田啓介)

義昭・信長の間を取り持ち出世した光秀

――光秀の前半生に関する史料は少なく、謎が多いとされています。

丹波攻めの際に光秀が築城した亀山城跡(京都府亀岡市)前に立つ光秀像
丹波攻めの際に光秀が築城した亀山城跡(京都府亀岡市)前に立つ光秀像

 同時代史料で確実に光秀の名前を確認できるのは越前(福井県)時代。足利義昭(よしあき)の「足軽衆」として活動したとあります。13代将軍の義輝(よしてる)が殺された後、弟の義昭は越前に逃れ幕府再興を模索していました。光秀はそこで義昭に仕えていたと考えられます。

足利義昭が越前(福井県)で身を寄せていた朝倉氏の館跡。光秀は義昭の「足軽衆」として活動していた
足利義昭が越前(福井県)で身を寄せていた朝倉氏の館跡。光秀は義昭の「足軽衆」として活動していた

丸島 最近発見された『針薬方(しんやくほう)』という史料によると、義昭への仕官は義輝が殺害される前後に遡るようです。この史料では、光秀に医術の素養があったことがうかがえます。江戸時代初期に成立した史料『当代記』では、光秀について、家来を1人だけ連れた武士のことを指す「一僕の者」と記しています。越前時代はまだ身分が低い武士だったとみられます。

――義昭は最終的に織田信長を頼り、越前から上洛(じょうらく)を果たしました。光秀は義昭・信長の間を取り持ち、上洛に貢献したことで出世したとされます。

金子 元々は義昭の家臣でしたが、信長とともに義昭を支える中で、光秀は信長の家臣にもなります。信長・義昭双方に仕える「両属状態」という特殊な立場が光秀の特徴でした。

丸島 光秀は「取次(とりつぎ)」という立場で、信長・義昭の間に立ち、双方の意思を仲介する役目でしたが、次第に信長との関係の方が深くなっていきます。それは比叡山攻めに貢献した後、坂本城(大津市)を与えられるなど、信長の恩賞の方が大きかったためでしょう。

金子 坂本城の前年には、宇佐山城(同)も与えられています。城を預けられることで、信長・光秀の関係はさらに深まったのです。

山岳地帯の丹波を攻略、信長が評価

――光秀は比叡山攻め、丹波(京都府、兵庫県)攻めと功績を上げ、信長家臣としての地位を築きます。

丸島 信長による比叡山攻めは、山上の伽藍(がらん)が焼き討ちにされたという印象が強い戦いですが、主戦場は高僧らが住む堂舎があった麓の坂本でした。光秀が坂本城を与えられたのも、坂本での戦いの功績が大きかったからと考えられます。

 比叡山攻めの際の光秀の書状に「敵方の村をなで切りにする」などと残虐さを示す記述があります。ただ、戦場での皆殺し行為は戦国時代によくあり、光秀だけが特別、残酷だったわけではない。あくまで、信長家臣として積極的に働いたということなのでしょう。

金子拓氏
金子拓氏

金子 丹波は室町幕府の管領家である細川京兆(けいちょう)家が守護を務め、(信長に京都を追われた)義昭が逃れる可能性がある場所として信長は警戒していました。丹波の勢力を従えるために、幕府とつながりがあった光秀が責任者に選ばれたのでしょう。義昭が西国の毛利氏に支援を受け、毛利氏が信長と対立するようになると、山陰に行くルート上でもある丹波は、毛利氏と対峙(たいじ)する観点からも重要でした。

 京都の東端にある比叡山、西端にある丹波という、信長が天下人として京都とその周辺を支配するために重要な地を抑えたことは、光秀の大きな功績だと言えます。

丸島 丹波は山岳地帯なので、攻略が非常に難しかった。それを成し遂げたという意味で、光秀は信長に評価されたのでしょう。

奇跡的状況で生まれた「本能寺」

織田信長像(泰巖歴史美術館所蔵)
織田信長像(泰巖歴史美術館所蔵)

――信長の信頼を得ていたはずの光秀ですが、なぜ「本能寺の変」で謀反を起こしたのでしょうか。

丸島 近年、新史料の発見などで注目されているのは「四国説」です。光秀は四国の長宗我部(ちょうそかべ)元親と信長の間を仲介する取次として活動しましたが、信長の方針が変わり、長宗我部との関係を切ることになった。前近代の人間にとって何より大事なのはメンツ。四国問題で、光秀が顔をつぶされたことに原因があったという解釈が示されています。

丸島和洋氏
丸島和洋氏

 本能寺の変当日は、信長と嫡男の信忠が偶然にも、それぞれ少数の部隊で京都にいました。その周りには光秀以外のまとまった軍隊がいない。足利義昭など黒幕がいたとも言われますが、光秀にとって奇跡的な状況で変が生じたことからも、綿密な打ち合わせが必要な「黒幕説」は成り立たないかなと思います。

柴裕之氏
柴裕之氏

 光秀にとって今までやってきたことが評価されないことで、このままでは自分の家がどうなってしまうのかという危機感があったと私は考えています。光秀は家の将来を守るために、偶然にも信長・信忠父子が京都にいた機会を見逃さず、織田家の権力中枢を破壊すべくクーデターを起こしたわけです。

金子 本能寺の変の前には四国の問題以外にも、光秀のメンツがつぶされるような出来事がいくつかありました。光秀が信長に足蹴にされたなどの逸話も後世の記録に複数残されています。

 一方、(光秀と親交のあった公家)吉田兼見(かねみ)の日記には、変の後に光秀と対談した際、謀反をめぐる光秀の考えについて雑談したとあります。その詳細が書かれていないのが残念なのですが、変の背景としては光秀が信長に恨みを募らせていたという以上のことはなく、あえて兼見が記すほどの内容でもなかったのかもしれません。

義昭と信長に翻弄された人生

――本能寺の変は同時代の人にとっては、どのような事件として捉えられたのでしょうか。

丸島 関東や東海には、信長の弟・織田信勝の息子で、光秀の娘婿である信澄を擁立した謀反だという情報が、本能寺の変の直後に伝わっています。留守を預かっていた徳川家臣の日記や、小田原に亡命した武田旧臣が書いた軍記にも書いてある。東の方では、光秀が単独で謀反を起こしたわけではなく、織田家の別の人間を担いで挙兵した事件だと受け止められていたようです。

金子 光秀が一人でやったというより、誰かほかに動かした人間がいたんだろうと理解されていた。そういう受け止め方が後に黒幕説が現れるきっかけになったのではないでしょうか。

――光秀の功績、人生をどう総括できますか。

 光秀の人生は、信長あってこそのものです。まさに織田家が急激な発展を遂げていった中で、重要な役割を果たした人物だと思います。

金子 本能寺の後、足利義昭とも接触しようとしている節があるなど、義昭と信長に翻弄(ほんろう)されてしまった人生と言えるでしょう。最後は山崎の戦いで(羽柴)秀吉に敗れます。秀吉が後日、信長に頭をなでられたことを回想していますが、光秀にはそうした(優しい)身体的接触を伴う信長との関係はなかったのでは。そこが光秀と秀吉との違いのように思えてなりません。

丸島 上洛後の信長が、一番長い時間を過ごした重臣が光秀だと指摘する研究者もいます。光秀は外様ですが、信長と一緒に長くいて密な関係を築いたという点で、信長に対する外と内の両方の視点を持った重要な人物。光秀の文書は最近集成されたばかりで、ほかの信長重臣との比較など今後も研究の余地があります。

京都市中京区にある本能寺跡。現在は解説文を添えた石碑が立っている
京都市中京区にある本能寺跡。現在は解説文を添えた石碑が立っている

 光秀の行動を見ることによって、相対的に信長の研究も進んだ側面があります。今後は、光秀が率いた家臣団も含めて、さらなる実像の解明を進めていく必要があると考えています。

金子 細かいことでもよいので、光秀に関する史料を積み上げていくことが大切です。(自分の本職である)『大日本史料』の編纂をしていく中で、そのための材料を提供していきたいです。

アガサ・クリスティー作品を連想させる「麒麟がくる」

明智光秀の菩提寺・西教寺(大津市)。比叡山攻めで被害を受けたが、光秀が復興に尽力したとされ、光秀一族の墓が残る
明智光秀の菩提寺・西教寺(大津市)。比叡山攻めで被害を受けたが、光秀が復興に尽力したとされ、光秀一族の墓が残る

――7日放送の「麒麟がくる」最終回で本能寺の変が描かれる予定です。どういった展開を期待しますか。

丸島 過去の大河ドラマでは信長が(丹波の)波多野兄弟を処刑したせいで、人質となっていた光秀の母が殺され、恨みを募らせたなど、江戸時代の創作に依拠する形で本能寺の変が描かれることが多かった。一方、「麒麟がくる」は、信長について、近年の研究をかなり取りこんだ描写になっています。そういう信長は光秀の謀叛をどう捉えるのか。また家康ら周りの人物の反応や行動をどう描くのかにも注目したいと思います。

金子 これまでの放送を見てみると、正親町(おおぎまち)天皇や家康など、みんながそれぞれ信長に不満を抱き、「全員黒幕説」のような展開になっているなという印象です。一ドラマ好きとしては、アガサ・クリスティーの有名な推理小説を連想させる感じにもなってきており、それはそれで面白いと思います。

無断転載・複製を禁じます
1817784 0 エンタメ・文化 2021/02/03 16:44:00 2021/02/05 19:39:01 2021/02/05 19:39:01 亀山城跡前に設置された明智光秀の銅像(京都府亀岡市で)「麟がくる」の制作決定後、亀山城跡前に設置された光秀像亀山城跡前に設置された明智光秀の銅像(京都府亀岡市で)=大川哲拓 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210203-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)