読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「日本人はなぜ英語ができないか」著者の言語社会学者・鈴木孝夫さん死去、94歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「ことばと文化」などを著し、独自の日本語論を展開した、言語社会学者で慶応大名誉教授の鈴木孝夫(すずき・たかお)さんが10日、老衰のため死去した。94歳だった。葬儀は近親者で行う。

鈴木孝夫さん
鈴木孝夫さん

 東京都出身。慶応大で哲学者の井筒俊彦に学ぶ。卒業後はエール大などで教えた後、慶応大などで教授を務めた。日本文化や社会構造と日本語の強い結びつきを、外国語との比較から論じた著書「ことばと文化」が注目を浴び、ロングセラーとなった。英語教育の改革などを訴える評論家としても活躍した。

 他の主な著書に「日本人はなぜ英語ができないか」「日本語と外国語」などがある。物を極力捨てない生活の実践者としても知られ、「しあわせ節電」などの著書も残した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1836082 0 エンタメ・文化 2021/02/11 19:24:00 2021/02/11 23:40:49 2021/02/11 23:40:49 「しあわせ節電」を訴える言語社会学者・鈴木孝夫さん。東京・目黒区で。2011年6月10日午前10時51分撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210211-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)