読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米ジャズピアノの巨匠、チック・コリア氏が死去…79歳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】米ジャズピアノの巨匠チック・コリアさんが9日、がんのため死去した。79歳だった。11日、公式ホームページなどで発表され、AP通信などが報じた。

チック・コリア氏
チック・コリア氏

 マサチューセッツ州生まれ。1968年に故マイルス・デイビスのグループに参加し、70年代にバンド「リターン・トゥ・フォーエバー」で成功を収めた。ストレートなジャズも、ロックやラテンを融合したフュージョンもこなす柔軟性を備え、ソロからオーケストラまで様々な編成で演奏を続けた。グラミー賞を計23回受賞。代表曲「スペイン」は世界中でカバーされた。

 何度も来日。70歳を超えて新バンドを作るなど意欲は衰えず、80年代に人気を博した「チック・コリア・エレクトリック・バンド」の再結成もファンを喜ばせた。小曽根真さん、上原ひろみさんらとも共演した。

無断転載・複製を禁じます
1837411 0 エンタメ・文化 2021/02/12 11:19:00 2021/02/12 12:28:05 2021/02/12 12:28:05 トリロジーとアコースティック・バンドを率いて、ライブ盤(ともにユニバーサル)を相次いでリリース、米国のキーボード奏者のチック・コリア。東京都港区で。2019年4月5日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210212-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)