読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「行くときはどーんと行くしかないんだ」と語った仲代達矢、巨大な背中追い続ける役所広司

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

<STORY2>

 1月1日に65歳になった。

 父親が65歳の時に脳出血で倒れたこともあり、ずっと気になっていた年齢だという。

 「企業だと定年で、年金生活をする時期なんですけど、役者は幸い、年寄りは年寄りなりに重宝してもらえるんで、もう少し頑張ろうかなっていう感じです」

 気負わずに、2021年の抱負を語る。

 元々は俳優志望ではなかった。長崎県から上京し、東京・千代田区役所に勤めていた頃、都合が悪くなった知人の代わりに、仲代達矢が出演した俳優座の舞台「どん底」を見に行き、心を動かされた。1978年、仲代が始めた俳優養成所「無名塾」が塾生を募集していることを知り、演技経験はゼロながら応募、狭き門を突破した。

 公務員生活から一転、合宿のような、にぎやかな生活。「毎日が新しいことばかりで、楽しかったですよね。早く仕事をしたい、とか思ってなかったような気がします。みんなで稽古して、ここ(無名塾)で『おお、うまかった』と褒めてもらうことだけがテーマでしたね」

 入塾当初から、大道具兼コロス(古代ギリシャ劇の合唱団)として、全国各地を公演で回った。舞台ならではのアクシデントをとっさの機転で回避する。体調が悪くてもなんとか乗り切る。そんな仲代の姿を間近で見てきた。

 「よく、『清水の舞台から飛び降りるみたいなもんで、行くときはどーんと行くしかないんだ』とおっしゃってましたね」

恩師である仲代達矢
恩師である仲代達矢

 師匠について語ると、自然と顔がほころぶ。歩き方から何から、様々なことを教わったが、今も覚えているのは、実は社会人としての心構え。

 「あいさつをすること、遅刻しないこと。そんなことを、耳にたこができるぐらい言われましたね。それが僕には、すごく役に立っていると思う」

 今年は公開中の「すばらしき世界」(西川美和監督)に続き、主演映画「峠 最後のサムライ」(小泉堯史監督)が7月1日に公開予定。司馬遼太郎原作、越後長岡藩の家老・河井継之助を演じたこの作品で、久しぶりに仲代と共演した。

 「僕が出ているので、力を貸してくださったのではないでしょうか? ちょっと腰を痛めてらっしゃったときでしたが、それでも出てきてくださって。殿様と家臣の役ですけど、師匠と弟子とダブりますよね」

 そんな師匠から今年も年賀状が届いた。

 「88、米寿という数字、文字と、元気そうな写真が載っていました。舞台公演やるんですって。ほんとタフですよね」

 65はまだまだ。巨大な背中が前を歩いている。(田中誠)

無断転載・複製を禁じます
1839301 0 エンタメ・文化 2021/02/20 09:43:00 2021/02/20 09:43:45 2021/02/20 09:43:45 映画「すばらしき世界」に主演した、俳優の役所広司さん。東京都港区で。2021年1月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210212-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)