読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

遠藤憲一演じる「極限」…自らの尿で命つなぎ、海上を43時間漂流

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本大震災の津波にのまれ、海上を43時間漂流した60歳男性の過酷な体験をドラマ化した「星影のワルツ」が3月7日、NHK総合で放送される。一緒に流された妻が行方不明となる中、男性の命をつなぎとめたのは、偶然見つけた自宅のトタン屋根。震災の記憶を風化させまいと挑んだ主演の遠藤憲一は、不安定な足場に悪戦苦闘。「実際にはどれほど大変だったことか」と想像を絶する状況に改めて思いをはせた。

沖に流された自宅の屋根とがれきの上で、寒さと渇きに苦しみながら漂流を続ける
沖に流された自宅の屋根とがれきの上で、寒さと渇きに苦しみながら漂流を続ける

原発の爆発も海上から目撃

 2011年3月11日の地震発生後、男性は勤務先から福島・南相馬の自宅に帰って来た。家には妻がおり、避難しなければならなかったが、稲の種もみを放置するわけにいかず、男性はそれを納屋に搬入。その後、2階から隣家が津波にのみ込まれるのが見えた。階下から駆け上がってきた妻には「大丈夫だから」と告げたものの、間もなく衝撃を感じ、夫婦は離ればなれになってしまう。濁流の中で男性は、偶然見つけた自宅のトタン屋根によじ登って妻を捜したが、見つからず、そのまま沖合まで流されてしまう。そこから海上自衛隊のイージス艦に救助されるまで、43時間におよぶ壮絶なサバイバルが続く。

妻(菊池桃子)とともに自宅で津波に襲われる
妻(菊池桃子)とともに自宅で津波に襲われる

 震災から1年後、NHKは地震が起きた日の夜の様子を振り返るドキュメンタリーを放送、その中で男性の生還劇を伝えた。漂流中、男性は福島第一原発の爆発事故も目撃。担当した新延(にいのべ)明プロデューサーは「津波と原発事故の両方を間近に見た人はあまりいないし、失って初めて日常の尊さに気づくというのは普遍的なテーマ」とドラマ化を発案。今回ようやく制作にこぎつけた。

 ドラマでは、夫婦の回想や離れて暮らす娘夫婦の様子が挿入されるが、軸となるのは漂流場面だ。「年配の男性が一人で海を漂う。単調な映像の中でも見る者を引きつける深い演技が求められる」と新延プロデューサー。「人間の喜怒哀楽を迫力を込めて演じることができる俳優」として遠藤に白羽の矢が立った。

30秒しか息止められず「これじゃ撮影にならない」

 被災地でのボランティア活動に参加したこともなかった遠藤は、「震災を歴史に残す上で役に立てる」と出演を快諾。「極限の中で男性がどういう感情だったのか、すごく興味がわいた」という。

 約3メートル四方のトタン屋根にしがみつき、たまたま妻から渡されていた栄養ドリンクと自らの尿で命をつなぐ――。いかにもドラマチックな展開だが、スタッフが目指したのはドキュメンタリーとドラマの中間。「なるべくドラマっぽくならないセリフ、実際には言わなかったとしても、こういう状況下では出てしまう言葉を探した」と遠藤は明かす。

 撮影は昨年12月から今年1月にかけて行われ、漂流場面は千葉の海でロケ。それにスタジオ内に設置したプールで撮った部分を合わせ、特殊効果で一面に広がるがれきや強い波を加えていった。海中でもがき苦しむ場面があるが、泳ぎが苦手な遠藤は、当初、30秒程度しか息を止めることができなかった。

 「さすがにこれじゃ撮影にならない。毎日訓練して、なんとか1分ぐらい止められるようになった」

 まさに体を張った撮影で、平たい屋根の上でどう動くかは遠藤のアドリブに任された。漂着物を探す場面で水に落ちてしまうこともあったが、かえってそれがリアリティーを増した。

屋根の上に立ち続けるのは至難の業だった
屋根の上に立ち続けるのは至難の業だった

 「屋根の上は立ち続けるのがきついし、ずっと揺れているので、陸に上がった後もその感覚が拭えなかった」と男性の苦難に思いを寄せる。「妻を救えなかった強い後悔にさいなまれながら、孤独、渇き、空腹……。この先助かるかどうかもわからない。自分がその立場だったらどうだろう」。表情を曇らせながら遠藤はつぶやく。

睡魔に抗うために「星影のワルツ」

 生き続けた原動力は、妻への強い思いだった。それがタイトルに表れている。浮き具がわりの屋根の縁にがれきが押し寄せ、放っておくと重みで屋根は沈んでしまう。そこで夜を徹してがれきを撤去せねばならないのだが、睡魔に襲われては海に吸い込まれそうになる。それに(あらが)うために口ずさんだのが、妻が好きだった「星影のワルツ」だったのだ。

 奇跡のような出来事も起きた。がれきにのって布団やヘルメットが次々漂着し、寒さやけがの危険から身を守ることができたのだ。また、夜中、気力がついえそうになった時には、周りを青い光に取り囲まれ、妻が励ましてくれているのだと思い、元気づけられた。夜が明けてから確かめると、クラゲの群れだったが、それらが相まって生き抜こうという意志を維持できたのは間違いない。

 逆に言えば、「生かされている」ことを身をもって知った体験とも捉えられる。この点、遠藤も「災害に遭おうが遭うまいが、生きている限りは、自分は生かされているとの意識を持ち続けるしかないのでは」としみじみ語る。

乗り越えることで意味が生まれる

漂流2日目、海上から福島第一原発の爆発を目撃する
漂流2日目、海上から福島第一原発の爆発を目撃する

 ドラマが放つメッセージについて、新延プロデューサーは「究極の危機に見舞われた時の人間の不思議な生命力」としつつ、「何気ない日々の暮らしなど、普段当たり前と思っている事柄こそが、自分を支えてくれていることへの気付き」とも話す。

 この点、遠藤はじっくり考えてから口にした。「災害とか病気とか、人間はすべて順調には生きていけないし、何かとぶつかりながら生きるしかない。でも、それを乗り越えることで後々、何らかの意味が生まれ、人に勇気を与えることもできる。そんなメッセージもあるのでは」。放送は午後9時から。

◆遠藤 憲一 えんどう・けんいち。1961年6月28日生まれ、東京都出身。83年、NHK「壬生の恋歌」でドラマデビュー。「湯けむりスナイパー」、「民王」など様々なドラマで活躍。現在、テレビ東京系「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間」に出演中。「ここ数年、こういう話だと面白いとか、いろんなアイデアが浮かぶようになってきた。だから、映画やドラマの企画当初から関わって、自分の中に眠っているものを全部吐き出して脚本に起こして、ディスカッションしながら作り上げていきたい」

無断転載・複製を禁じます
1857775 0 エンタメ・文化 2021/02/21 08:55:00 2021/02/24 22:16:34 2021/02/24 22:16:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210216-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)