読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

テーマ曲は「ユニコーン」、弓の名手・源為朝描く町PRアニメ人気

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

源為朝が鎮西山から町を一望する場面(上峰町提供)
源為朝が鎮西山から町を一望する場面(上峰町提供)

 佐賀県上峰町のPRアニメ動画が人気を集めている。町ゆかりの武将、源為朝みなもとのためともを描いた短編作品で、テーマ曲がロックバンド「ユニコーン」の書き下ろしという話題性もあり、再生回数は昨年12月の配信開始から170万回超え。為朝伝説が残る伊豆大島(東京都)との交流も始まった。(中村明博)

オンラインで行われたツバキの贈呈式
オンラインで行われたツバキの贈呈式

 町によると、為朝は平安時代の武将で、源頼朝と義経の叔父にあたる。弓の名手として名をはせたが、乱暴な性格から九州に追放され、鎮西八郎を名乗ったという。上峰町内には為朝が城を築いたとされる「鎮西山」などがあり、新たな観光資源として生かそうと、町が企画した。

 動画は約5分間で、アニメ制作会社「プロダクションI.G」(東京)が手掛けた。上峰を訪れた為朝が弓を使って連れ去られた女性を助けたり、鎮西山の山頂から町を一望したりする場面が描かれている。楽曲は為朝をもじった「TIME―TO―MORE」。ユニコーンが「愛のため 友のため」といった歌詞をテンポよく歌う。

 町の担当者は「多くの方にアニメ動画を見てもらい、ありがたい。為朝伝説を通じて、上峰の魅力を町内外に発信していきたい」と意気込む。

 この動画がきっかけとなり、東京都大島町から上峰町にツバキの苗木が贈られた。両町は、ツバキが町木であることに加え、伊豆大島は為朝が流刑となった地として伝説が残っている。

 動画を見た都立大島高3年生(17)が交流を始めるきっかけにしようと、上峰町にツバキを贈ることを発案したという。生徒は「共通点のある遠く離れた二つの町が協力し、互いに盛り上げていければ良いと思う」と期待する。

 12日には、大島観光協会と上峰町で観光振興に取り組む一般社団法人「起立きりゅう工商DMO」をオンラインで結んで贈呈式が行われた。「伊豆大島椿つばきまつり」が今年で66回目を迎えたことから、66本のツバキが届いた。

 DMOの榊由美子事務局長は「ツバキは鎮西山や子どもたちが観賞できる場所に植え、大切に育てたい。新型コロナウイルスが収まれば、互いに訪問して交流を深めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1856452 0 エンタメ・文化 2021/02/20 14:32:00 2021/02/20 18:10:59 2021/02/20 18:10:59 源為朝が鎮西山から町を一望する場面(上峰町提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210219-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)