読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

軸足を日本に置いた役所広司が「役者も監督もやれる」と憧れたのは…90歳現役のあの男

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

<STORY4>

 「あ、あれね!」

 意外なところで声が弾んだ。

 公開中の映画「すばらしき世界」(西川美和監督)で演じた元受刑者と、1997年公開の「うなぎ」(今村昌平監督)で演じた仮出所中の男の歩き方が「似てますね」と伝えたところ――。

米田育広撮影
米田育広撮影

 「そうなんですよ。旭川刑務所に見学に行きまして、今はああいう歩き方はさせないって言ってました。でもこの人は2年以上、『シャバ』にいたことがないような人だから、やっぱり、あの歩き方がいいなと思って。で、西川監督もそれがいいって」

 西川監督とは、不思議な縁がある。2006年に出演した米国映画「バベル」で、フランスのカンヌ国際映画祭に参加した時のこと。並行してカンヌで開催される「監督週間」に西川監督の「ゆれる」が出品されていた。帰国後に見て、いい監督だなと思った。以来、欠かさず作品を見て、いくつかの作品には感想のコメントを書いた。お礼の手紙には、17歳の頃、役所が殺人犯を演じたテレビドラマを見て感動した、という一文があった。

 「いつかは声をかけてくれると思ってたんですけど、なかなか来なくて。やっと声がかかった!と思って」

 いたずらっぽく笑う。

 「人間の描き方が本当に丁寧だと思っていました。あの若さで、日本映画のオーソドックスな良さを、受け継いでいる人だなと思いますね」

 作品選びの基準は、やはり脚本。「自分が観客だったらこんな映画を見てみたい」という企画を選んできた。先頃、出演が発表された4月公開の「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」(松居大悟監督)もそう。脇役が主役の映画にも楽しんで顔を出す。

 2000年代半ば、海外の作品への出演が続いた時期もあったが、今は日本のスタッフと日本で映画を作ることにこだわる。

 「もっと若かったらね、いろんな国に行って、と思うかもしれないけど。一番やりたいのは、日本で頑張った映画を、世界の人に見てもらうこと。それが一番早道というか。余生を日本にかけたいと思いますね」

 あこがれは、90歳で現役のクリント・イーストウッド。「格好いいですよね。役者もやれるし、監督もやれるし。イーストウッドさんみたいに生きられるといいでしょうね」

 ならば、余生どころか、これからが本番だろう。(田中誠)

(おわり)

無断転載・複製を禁じます
1871839 0 エンタメ・文化 2021/02/27 05:00:00 2021/03/06 09:15:22 2021/03/06 09:15:22 映画「すばらしき世界」に主演した、俳優の役所広司さん。東京都港区で。2021年1月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)