読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「人はどうして変わるの…」と歌って1位、ソウルの帝王に学んだ英女性歌手

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソウルフルな歌声に、ジャジーなサウンド、複雑な感情をシンプルな言葉でつづった詞――。英国の歌手、セレステ=写真=の「ノット・ユア・ミューズ」(ユニバーサル)は、デビューアルバムにして成熟を感じさせる作品だ。1月末に発売されるや全英チャート首位に。「本当にハッピー。新しい曲を作るのが楽しみになった」と喜ぶ。

 ユーチューブで公開した作品が関係者に注目され、業界入りのきっかけをつかんだ。人気DJだったアヴィーチー(2018年死去)の15年発表のアルバムにも参加した。「その頃は自分の方向性を探っていた。今やっているようなタイプの音楽はずっと好きだったけど、どうやればできるのか、学んでいる段階でした」

 その後、人気歌手のリリー・アレンのレーベルから作品を発表。昨年のブリット・アワードでは、「ライジング・スター賞」に輝いた。話題のネットフリックスの映画「シカゴ7裁判」に楽曲を提供。満を持してのデビューアルバムだった。

 「まず多くの曲を共作しているジェイミー・ハートマンとスタジオで制作を始めました。それから19年にはライブを続け、やはりジャズっぽいアレンジにしたいなと思った」

 帝王ジェームス・ブラウンやビル・ウィザースといったソウル歌手が好きで、そういった先達のドキュメンタリーも見てきた。「彼らと同じように、スタジオでライブのようにみんなで演奏し、生まれるものをとらえたかった。だからコンピューターの生み出す音ではなく、リアルな楽器演奏主体の音作りが重要でした」

 26歳と若いが、シャンソンのエディット・ピアフの曲をカバー(日本盤に収録)するなど、趣味は幅広い。そして「人はどうして変わるの 見知らぬ他人から友人へ 友人から恋人へ そしてまた見知らぬ他人へと」と歌う「ストレンジ」など簡潔だが鋭い歌詞も光る。行きつ戻りつする思いをメランコリックに歌った「ザ・プロミス」もいい。自身のように「内面を探り、自分の真の感情を見つける手段として創造するアーティスト」の作品は、それがどんなものであっても「実体験や事実に基づいている」と分析する。自己を取り巻く世界についての思索が、歌の深さにつながっている。

無断転載・複製を禁じます
1893748 0 エンタメ・文化 2021/03/08 09:22:00 2021/03/08 12:49:50 2021/03/08 12:49:50 文中写真・クレジット不要 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210304-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)