読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

特別表彰された篠原涼子さん、桐生の思い出「今も大切に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 群馬県桐生市の市制施行100周年・水道創設90周年記念式典が7日、同市織姫町の美喜仁桐生文化会館で行われ、市内外から関係者約330人が出席した。

「ふるさとの素晴らしさを伝えたい」とあいさつする篠原さん(7日、桐生市で)
「ふるさとの素晴らしさを伝えたい」とあいさつする篠原さん(7日、桐生市で)

 100年を映像で振り返る市制作のビデオ(約15分)が流され、荒木恵司市長が「先人が築いた偉大な礎と伝統を引き継ぎ市民と力を合わせしっかりと進んでいきたい」とあいさつ。山本知事は「西の西陣、東の桐生と評される桐生の伝統と技術を生かし発展してほしい」と祝辞を述べた。

 市政功労者や功労団体の表彰もあり、市内出身で市の観光大使を務める女優の篠原涼子さんが特別表彰された。篠原さんは「桐生が岡の動物園や遊園地、豊かな自然の中で家族と楽しく過ごした思い出を今も大切にしている。ふるさとの素晴らしさを伝えていきたい」とあいさつした。

 桐生市は1921年(大正10年)3月1日、桐生町が市制に移行し、県内3番目の市となった。2005年6月、新里村、黒保根村を編入合併し、現在の形になった。

無断転載・複製を禁じます
1894249 0 エンタメ・文化 2021/03/08 11:58:00 2021/03/08 11:58:00 2021/03/08 11:58:00 「ふるさとの素晴らしさを伝えたい」とあいさつする篠原涼子さん(7日、桐生市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210308-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)