読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

綾瀬はるかに役作りを聞くと「あまりやってないかも、へへへ」でも実は…

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奥様は元特殊工作員。常人離れした身のこなしで、町の悪に鉄槌てっついを下していった――。2017年放送の同名連続ドラマの続編「奥様は、取り扱い注意」(佐藤東弥監督)が公開中だ。ドラマに続いて「奥様」を演じた綾瀬はるかは、「アクションが作品のメインディッシュ。さらに本格的なものを目指した」と自信をみせる。(大木隆士)

特殊工作員の奥様

久実(綾瀬はるか=左)は、夫(西島秀俊)と穏やかに暮らしていた(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
久実(綾瀬はるか=左)は、夫(西島秀俊)と穏やかに暮らしていた(C)2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会

 ドラマでは、綾瀬演じる菜美と夫の勇輝(西島秀俊)は仲良く暮らしていたが、夫は彼女を監視する公安警察だったと判明する。映画では、彼女は記憶喪失となり、久実と名を変え、地方に移り、夫と新しい生活を始める。しかし、やがて陰謀に巻き込まれていく。

 冒頭、兵士を相手にした戦いが描かれる。「(ドラマでは)奥様界の事件を裁いていたのに対し、敵も強くなり、レベルアップしました」。撮影前に3か月かけ、みっちり稽古し、アクション場面はほとんど自身で演じた。

 13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で兄役だった西島を、今も「西島の兄ちゃん」と呼ぶ。2人で組んだ格闘場面では、夫婦げんかをしながらも、息の合った動きで敵を倒していく。練習を重ね、動きをすりあわせた。「『ここまで来て』とか『遅いよ』とか言いながら。西島の兄ちゃんも『お前が早すぎるだろ』と返してきて」。そんな言葉に信頼感がにじむ。

優しい視線の姉・天真爛漫なCA・妖艶な刑事

役をとらえる時、衣装や髪形といった要素も重視している。「『こういう服を着る人なんだ』と決まってくると、(その人物を)イメージしやすい」=田中秀敏撮影
役をとらえる時、衣装や髪形といった要素も重視している。「『こういう服を着る人なんだ』と決まってくると、(その人物を)イメージしやすい」=田中秀敏撮影

 テンポが一つずれれば、けがをする。敵役やカメラマンとも息を合わせないといけない。「不安がなくなるまで練習するのが大事。あの一体感と緊張感、終わった後の満足感は、アクション場面ならではです」

 数多くの作品で様々な顔を演じ分けてきた。「八重の桜」でみせた一途いちずな表情。それが映画「海街diary」では妹たちを見守る優しい視線に変わる。映画「ハッピーフライト」は、天真爛漫らんまんだったが、ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」では、妖しげな微笑が印象的だ。

 それぞれの人物にリアリティーや温かさを吹き込んできたが、「『役作りはどうしていますか』と聞かれても、あまりやってないかもですね」。へへへ、とはぐらかした。

でも実は…「結構考えました」

 今作では、久実と菜美という性格も行動もまるで違う2人を演じた。久実は家で夫の帰りを待つ、穏やかな奥様。記憶を失い、漠然とした不安を抱え、よい妻でいようとするが、時に菜美の顔ものぞかせる。

 「菜美は正義感の強い、チャーミングな女性。それが、自分が何者か分からなくなった時どうなるか、結構考えました。本質は隠せない。それがないと、その人らしくないですから」

 生真面目に役と向き合う。そうすることで、愛すべき人物を生み出している。

無断転載・複製を禁じます
1929964 0 エンタメ・文化 2021/03/23 08:38:00 2021/03/23 11:55:13 2021/03/23 11:55:13 映画「奥様は、取り扱い注意」に主演した綾瀬はるかさん。東京都渋谷区で。2020年3月20日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210321-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)