読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「やってみなはれ」「成せば成る」…心機一転の春、動画でふれる珠玉の名言<1>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新年度を迎えました。入学、就職、転居などで心機一転の方も多いと思います。先人が経験を踏まえて語った名言に耳を傾け、励みにしたり、ヒントを得たりするのはいかがでしょうか。新入学の時期でもあるので、動画を12本(1ダース)そろえました。全4回のシリーズです。2011年4月から7年かけて、古今の名作に登場する珠玉の言葉や、舞台となった風景を紹介したコーナー「名言巡礼」からは九つの言葉を選びました。初回は、松下幸之助、鳥井信治郎、上杉鷹山の言葉です。
 (見出しや写真をクリックしてください。動画のテロップは公開当時のものです。「名言巡礼」は、言葉の説明の後に、動画公開当時の原稿を抜粋して紹介しています)

「希望をもって歩むならば 必ず道はひらけてくる」

 日本を代表する総合家電グループを築き、「経営の神様」と呼ばれた実業家・松下幸之助(1894~1989年)の言葉。
    ◇
 大阪市福島区の野田駅前の商店街を進むと、町工場が点在する大開(おおひらき)地区に出る。昭和の面影が残るこの町で、松下幸之助は1918年(大正7年)、パナソニックの前身・松下電気器具製作所を創立した。本店と工場を構えていた場所は公園になっていて、「道」と題する幸之助の言葉を掲げた「創業の地」の記念碑が立つ。
 〈広い時もある せまい時もある のぼりもあれば くだりもある〉
 幸之助の生涯も平坦(へいたん)ではなかった。
 和歌山の地主の家に生まれたが、幼い頃に父が米相場で失敗。兄や姉が相次いで病没し、9歳で単身、大阪へ奉公に出る。火鉢店、自転車店、電灯会社と転じ、一念発起して独立。路地に面した2階建ての借家で創業し、プラグなどの製造販売を始めた。
 事業が軌道に乗り、22年に本店・工場を建設。翌年、電池式自転車ランプを開発したが、先に出回っていた同様の製品の質が悪かったため、問屋などに取り合ってもらえない。在庫を大量に抱えた。昭和初期の不況の際は、生産を半減するが従業員は解雇せず、給料を全額支払うと宣言。感激した従業員は懸命に営業活動した。
 〈希望をもって歩むならば 必ず道はひらけてくる 深い喜びも そこから生まれてくる〉。路地が入り組んだ大開から、幸之助は、希望とともに歩み始めたのである。(名言巡礼 松下幸之助の言葉から 大阪市福島区、2017年4月23日公開)

「やってみなはれ、やらなわかりまへんで」

 サントリーグループ創業者・鳥井信治郎(1879~1962年)の言葉。自伝や様々な評伝などに引用されている。鳥井は20歳で独立、鳥井商店を起こす。昭和の初めに「サントリー」の商品名で国産ウイスキーを発売した。巧みな宣伝による経営感覚にも優れ、後に「トリス」や「オールド」など多くのブランドをヒットさせた。2014~15年に放映されたNHKの連続テレビ小説「マッサン」で、俳優の堤真一が演じた豪放磊落(らいらく)な男・鴨居欣次郎のモデルでもある。
    ◇
 鳥井が国産初のウイスキー造りへ生涯最大の賭けに出たのが1923年、今も同社の主力銘柄を産する山崎蒸留所(大阪府島本町)の建設だった。なぜ山崎の地だったのか。天王山の竹やぶの地下から湧き出る、良質な水。桂川、宇治川、木津川の三つが合流することで立つ(もや)は、本場スコットランドのローゼス地方同様、原酒の熟成に適した湿度を生む。かの国でいち早く技術を学んだ部下で、後にニッカを起こす竹鶴政孝の意見を参考に信治郎が決めた。
 だが、建設から6年を経て売り出された最初のウイスキーは、それまでの模造品を飲み慣れた消費者には「焦げ臭い」と評判が悪く、全く売れない。原料の麦芽をいぶす時に使うピート(泥炭)も多すぎた。
 どんな原酒も時を経れば熟成を重ね、味わいも香りも深い陰影を刻む。年代や寝かせる(たる)の状態に応じて複雑多岐な個性を醸す原酒をどう絶妙にブレンドするか。最初の失敗から得たその教訓は、多様な人材を生かし切るという経営術とも重なる。無謀に見える挑戦も、結果まですべて前向きに受け止めれば次の成功への糧になる。(名言巡礼 鳥井信治郎の言葉 大阪府島本町、2015年7月5日公開)

「成せば成る 成さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬなりけり」

 山形県南部に位置する米沢藩中興の祖である上杉鷹山(ようざん)(1751~1822年)の言葉。鷹山は晩年まで後進たちに助言を与え続け、米沢の改革に生涯をささげた。明君としての評価が高く、2007年に読売新聞社が全国の自治体の首長を対象に行ったアンケートで、「理想のリーダー」の1位に選ばれた。アメリカのケネディ元大統領が敬愛した政治家としても知られる。
    ◇
 高鍋藩主の次男として江戸に生まれた鷹山は、世継ぎのなかった米沢藩主・上杉重定の養子に迎えられる。15歳で名門の家督を継いだ鷹山は、巨額の負債を抱え、財政難に苦しむ藩の立て直しに心を砕く。
 倹約令にあらがう守旧派の重臣たち。長雨や日照りなどによる飢饉(ききん)。貧困に伴う人心の荒廃。改革への道は、苦難の連続だった。鷹山の人生は、国宝「上杉家文書」の一通にある「成せば成る」という和歌そのものだったと言えよう。
 この一通の書状は、実子・顕孝(あきたか)の教育係に示した指針だとされている。民の苦しみを知れ、自堕落になるな、などと人の生きる道を連綿と説く書状の締めくくりで、「成せば成る」としたためられている。(名言巡礼 上杉鷹山「成せば成る…」 山形県米沢市、2016年9月11日公開)

無断転載・複製を禁じます
1953255 0 エンタメ・文化 2021/04/01 10:43:00 2021/04/04 20:49:04 2021/04/04 20:49:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210326-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)