読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

田中邦衛さんと気づく人なく「駅前を長靴で歩いた」…縁深めたコーヒー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 味のある演技で北海道を一躍全国区にした俳優田中邦衛さん。悲報から一夜明けた3日、道内ではゆかりの人たちが悲しみを新たにし、献花台の設置も決まった。

田中邦衛さんがいつも座っていた店内で直筆の木製看板を眺め、死去を悼む喫茶店「我夢舎楽」店主佐々木幸一さん(3日、北海道富良野市で)=松本拓也撮影
田中邦衛さんがいつも座っていた店内で直筆の木製看板を眺め、死去を悼む喫茶店「我夢舎楽」店主佐々木幸一さん(3日、北海道富良野市で)=松本拓也撮影

 JR富良野駅前の喫茶店「我夢舎楽がむしゃら」は、田中さんが撮影の合間にコーヒーを味わった店だ。

 きっかけは夏の風物詩「北海へそ祭り」が開かれていた1991年。店主の佐々木幸一さん(78)は「田中さんが駅前のベンチに座っている」と常連客に教えてもらい、サインをお願いした。気さくに「いいよ」と色紙に書いてくれた田中さんに店名を伝えると、1週間後に訪れ、「ここのコーヒーはおいしいな、とほほ笑んでくれた」と懐かしむ。

 週に1、2回、ドラマのスタッフなどを連れて訪れるようになり、「マスター」「五郎さん」と呼び合う仲に。常連客とも打ち解けた。「五郎さんは駅前を長靴で歩いていた。市民は誰も気づかなかったよ」と、その飾らない人柄をしのぶ。

 92年冬、佐々木さんは店内に飾る看板をお願いした。木製看板に書いてくれたのは「は小さくてもいつも暖かい。北の国から 田中邦衛」。ドラマの原作者倉本聰さんの言葉だ。木製看板は今も店内に飾ってあり、田中さんのサイン入りの写真もある。

 店でいれたコーヒーはポットに入れ、撮影スタッフに託した。撮影現場でコーヒーを味わった田中さんは、撮影用ワゴン車の車内から佐々木さんに大きく手を振ってくれた。

 富良野市内でテレビドラマ「北の国から」で田中さん演じる五郎ら一家が暮らした「五郎の石の家」が、見学施設として人気だ。運営するふらの観光協会は田中さんの訃報ふほうを受けて春の営業再開を例年より早め、10日から献花台を設置する。

無断転載・複製を禁じます
1960212 0 エンタメ・文化 2021/04/04 11:29:00 2021/04/04 12:32:30 2021/04/04 12:32:30 田中邦衛さんが来店時にいつも座っていた場所で、死を悼む喫茶店「我夢舎楽」の店主・佐々木幸一さん。「灯は小さくてもいつも暖かい。北の国から 田中邦衛」と田中さん直筆の木製の看板が飾ってある(3日午前10時31分、北海道富良野市で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)