読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

聖徳太子の遺徳たたえる…創建の法隆寺で1400年遠忌法要

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

太子ゆかりの寺院の僧侶らによる御輿の行列(3日午後、奈良県斑鳩町の法隆寺で)=長沖真未撮影
太子ゆかりの寺院の僧侶らによる御輿の行列(3日午後、奈良県斑鳩町の法隆寺で)=長沖真未撮影

 聖徳太子の創建と伝わる法隆寺(奈良県斑鳩町)で3日、太子の1400年遠忌おんきの法要が始まり、ゆかりの寺院の僧侶や招待者ら約450人が参列し、遺徳をたたえた。5日まで。

 法要では、法隆寺夢殿の本尊で太子の姿を模したとされる救世くせ観音像に向かって僧侶が読経。その後、ゆかりの寺院の僧侶や華やかな装束に身を包んだ関係者ら約120人が、二つの御輿みこしを法要の会場である西院伽藍がらんに運び込んだ。

 会場に設置された舞台では、雅楽団体「南都楽所なんとがくそ」が、極楽にすむとされる鳥が舞い遊ぶ様子を表現した舞楽を奉納。同寺の古谷正覚しょうかく住職と、四天王寺(大阪市)の加藤公俊管長が太子を顕彰する言葉を述べ、参列した寺院の代表らが焼香した。

無断転載・複製を禁じます
1960205 0 エンタメ・文化 2021/04/04 11:21:00 2021/04/04 11:21:00 2021/04/04 11:21:00 太子ゆかりの寺院の僧侶らによる御輿の行列(3日午後0時53分、奈良県斑鳩町の法隆寺で)=長沖真未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)