読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

吉田拓郎さんの父の功績伝える評伝…拓郎さんの姉も「父の仕事のことは知らなかったので驚いた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島ゆかりの歌手、吉田拓郎さんの父、吉田正廣氏(1895~1972年)の功績をまとめた研究書「評伝 朝鮮総督府官吏・吉田正廣とその時代」(清文堂)を、広島修道大の坂根嘉弘教授(65)(近代日本経済史)が出版した。植民地下の朝鮮半島で、農地制度の近代化を支えた正廣氏の功績を掘り起こした書籍は初めてという。(木村ひとみ)

「評伝 朝鮮総督府官吏・吉田正廣とその時代」を執筆した坂根教授
「評伝 朝鮮総督府官吏・吉田正廣とその時代」を執筆した坂根教授

 坂根教授は鹿児島大に在籍していた30年ほど前に、鹿児島県史を編さんした元県職員として「吉田正廣」氏を知った。その後に読んだ朝鮮農村関係の史料でも「吉田正廣」氏を発見。気にはなったものの、調べる手がかりがなかった。

 ところが、2017年頃にたまたま手にした雑誌で読んだ拓郎さんのインタビュー記事で、2人の「吉田正廣」氏が同一人物で、拓郎さんの父だと判明。興味がわいて正廣氏について本格的に研究することにしたが、史料はほとんど残されていなかった。

 壁にぶつかっていた時、広島修道大の同僚が吉田家の親族だとわかった。広島県内に住む正廣氏の娘で、拓郎さんの姉の松尾宏子さん(81)を紹介してもらい、正廣氏の著書や手紙、写真などの提供を受けたことで、一気に研究が進んだという。

 書き上げた研究書によると、正廣氏は鹿児島県生まれで、同県立鹿屋農学校を卒業後に、朝鮮総督府に就職。1930年頃から朝鮮半島で小作制度の調査を実施し、小作地約2000か所からの報告書を1人で処理するなど能吏だった。

 調査結果をまとめた「朝鮮ノ小作慣行」(朝鮮総督府発行)は、34年に公布された朝鮮農地令の基になった。坂根教授は、農地令によって横暴な小作地の管理人の排除が可能になり、農地の相続が認められるなど、小作人に有利な改革が実行されたとしている。

 坂根教授は「朝鮮農地令は植民地支配のためという評価もあるが、正廣氏が小作人の利益のために奮闘したことは事実だ」と話す。

 父の業績を明らかにした研究書に、宏子さんは「父の仕事のことは何一つ知らなかったので驚いた」と感謝している。

 また、近現代朝鮮農業史に詳しい松本武祝・東大大学院教授は「膨大な文献の収集に基づく重厚な実証研究だ。朝鮮小作政策を考える上で、重要な問題提起になっている」と評価した。

 研究書は四六判、334ページで、税込み2970円。

無断転載・複製を禁じます
1968140 0 エンタメ・文化 2021/04/07 16:12:00 2021/04/07 17:00:56 2021/04/07 17:00:56 「評伝 朝鮮総督府官吏・ 吉田正廣とその時代」を執筆した坂根教授(広島市安佐南区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210406-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)