読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高輪築堤の発掘調査終了、日本初の信号機土台跡など公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)前で見つかった明治初期の鉄道遺構「高輪築堤」の発掘調査が終了し、9日、新たに見つかった日本初の鉄道信号機の土台跡などが報道陣に公開された。

「高輪築堤」で新たに見つかった鉄道信号機の土台跡(9日午前9時12分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影
「高輪築堤」で新たに見つかった鉄道信号機の土台跡(9日午前9時12分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影

 港区教育委員会によると、高輪築堤は1872年(明治5年)、東京・新橋―横浜間に日本で初めて開業した鉄道の線路の土台部分。JR東日本が行う駅前開発の区域内で約800メートル区間が出土し、今月までに区域内での発掘調査を終えた。

信号跡などが出土した区域が報道公開された鉄道遺構「高輪築堤」(9日午前9時19分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影
信号跡などが出土した区域が報道公開された鉄道遺構「高輪築堤」(9日午前9時19分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影

 この日は約380メートル区間が公開された。信号機の土台とみられる部分は約2メートル四方の石組みで、区教委の担当者が「信号は支柱に取り付けた腕木を動かすことで、停止などの合図を送った」と説明した。

 JR東は今回の公開範囲と別の区間を現地保存する方針。日本考古学協会などは高輪築堤全体の現地保存を求めている。

無断転載・複製を禁じます
1973006 0 エンタメ・文化 2021/04/09 10:56:00 2021/04/09 11:34:55 2021/04/09 11:34:55 明治時代の鉄道遺構「高輪築堤」で新たに出土した信号跡(9日午前9時12分、東京都港区で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210409-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)