読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

Snow Man、お気に入り動画とその理由は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・新橋演舞場で公演中の舞台「滝沢歌舞伎ZERO 2021」に主演している9人組アイドルグループ「Snow Man」。4月7日に開かれた初日前記者会見では、9人の良い関係性を垣間見ることができました。

記者会見に臨んだSnow Manのメンバー=池谷美帆撮影
記者会見に臨んだSnow Manのメンバー=池谷美帆撮影

阿部・佐久間、女形に挑戦「どっちがタイプ?」

 たとえば、深澤辰哉さん。冗談を言いつつ、そして時に自分自身をネタにしつつ、あまり発言していない人にパスをまわす気遣いが光ります。

 お気に入りのシーンを聞かれた時、阿部亮平さんに対して「阿部チャン・グンソクは何かありますか?」と話を振っていました。

 ラウールさんは、女形に挑戦する阿部さんと佐久間大介さんについて、目黒蓮さんに「どっちがタイプ?」とイタズラっぽく尋ねます。目黒さんは「もちろん、阿部ちゃん」と答え、笑いを誘った後、「どっちもきれいです」とフォローすることを忘れません。

 楽しい掛け合いの中でも、自然にお互いを認め合うことができる。それがこのグループの魅力であり、強みなのでしょう。

 そんな彼らの魅力は、彼らの公式YouTubeチャンネルの動画でも存分に味わうことができます。(渡辺翔太さんは、小学生に「あ、ユーチューバーだ」と声をかけられたそうです)

「しょっぴーの絵が超面白い」

 では、メンバー自身はどの動画が特にお気に入りなのでしょうか。4月14日朝刊の「popstyle」紙面には動画のタイトルを掲載しましたが、本欄ではその動画を選んだ理由も紹介します。

岩本照さん 「『君の彼氏になりたい。』振り付け講座」。深澤辰哉が輝いた回ですから。(ラウールさん「あ、あれね。ちゃんと数字に出ているもんね」。深澤さん「あご外れましたから。それで小顔矯正で直しました(笑)」

深澤辰哉さん 「『深澤辰哉の気持ち』どれだけ彼を愛せますか?」。こんなに素晴らしい企画はないです!

ラウールさん 「『記憶でお絵かき』迷作…が誕生!?」。しょっぴー(渡辺翔太さん)の絵が超面白い。この時期にしょっぴーは“おもろ覚醒”した。(深澤さん「阿部さんが描いたザビエルの中学時代だっけ? 見ましたよ」)

渡辺翔太さん 「『グループ通話で近況報告』盛り上がった!」。最初にリモート収録した動画だよね。コロナ禍でどうやってコンテンツを出そうって考えた企画で、反響も大きかった。

向井康二さん 「『宮舘の食べたいものを当てろ!』イタリアン編」。コロナ禍でなかなかお店に行けないけれど、この企画は毎回盛り上がるのよ。俺もやりたい。おすし屋さんに行きたい。

「なんで俺たち死ぬほど踊ったんだろう」

阿部亮平さん 「『Stories』倍速で踊ったらヤバかった!」。新しいチャレンジ系企画。しかもやったら成功しちゃった。バラエティー企画が多い中、これはちょっと映える企画だったかも。

目黒蓮さん 「Snow Manが9時間生配信」。一番印象に残っていますね。直接ファンの人たちの声が聞けて、コミュニケーションが取れてうれしかったし、たくさん踊った。(佐久間さん「なんで俺たち死ぬほど踊ったんだろう」)

宮舘涼太さん 「メンバーがD.D.の振付を教えに行く企画」。デビュー曲なのですごく大事にしていましたし、現場の人が一生懸命動いてくれました。教える側の難しさもわかった。(佐久間さん「懐かしいね。佐久間かっこいい?笑」)

佐久間大介さん 「『俺の嫁…発表しちゃいます』2年越しの待望アニメ企画」。一人一人のキャラをフィーチャーする企画ができるのは、Snow Manならではだよね。アニメファンの人にも見てもらっているって実感していて、いろんな可能性があるなと思える動画。(目黒さん「好きなものが仕事の武器になっているってすごいなーって思いますね」)

無断転載・複製を禁じます
1986674 0 エンタメ・文化 2021/04/15 09:48:00 2021/04/15 09:48:00 2021/04/15 09:48:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210413-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)