読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

無形の文化財に「登録制度」を新設…酒造りや食文化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

改正文化財保護法の成立で、保護への期待が高まる酒造り
改正文化財保護法の成立で、保護への期待が高まる酒造り

 地域の祭りや行事などの保護強化を目指す改正文化財保護法が、16日の参院本会議で成立した。これら無形の文化財を幅広く保護する「登録制度」を新設することが柱で、酒造りや食文化など、文化財としての価値付けが定まっていなかった分野についても新たに保護の裾野を広げる狙いだ。

 文化財保護については、特に重要なものを強い規制と手厚い支援で守る指定制度と、より緩やかな基準で幅広く保護の網をかける登録制度がある。登録制度は今まで、建造物などの有形の文化財に限られていた。しかし、過疎化や少子高齢化に加え、新型コロナウイルスの影響で開催できず、存続が危ぶまれる祭りや行事が増えており、保護強化の必要性が議論されてきた。

 登録制度での保護を想定する無形の文化財には、茶道や書道、食文化などの生活文化も含まれる。今後、有識者の議論を通じて登録対象を決める。このほか、改正法では自治体が独自に設ける「地方登録制度」を新設することも盛り込んだ。

無断転載・複製を禁じます
1990545 0 エンタメ・文化 2021/04/16 19:46:00 2021/04/16 19:46:00 2021/04/16 19:46:00 酒造り https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)