読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都倉俊一・文化庁長官「コロナで表現者は悲惨な状況」…支援手続き円滑化の考え強調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4月に就任した文化庁の都倉俊一・新長官(16日、東京都千代田区で)=佐藤俊和撮影
4月に就任した文化庁の都倉俊一・新長官(16日、東京都千代田区で)=佐藤俊和撮影

 今月就任した都倉俊一・文化庁長官は16日、読売新聞などのインタビューに応じ、「まずは足元の火消しが喫緊の課題」と、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている文化・芸術関係者への支援に最優先で取り組む考えを示した。都倉長官は、これまでに国が用意した支援について「申請するのも、受ける時も、窓口がたくさんありすぎて手続きが煩雑。何とか交通整理したい」と話し、スムーズに申請や受け取りができる仕組みを整備する考えを強調した。

 作曲家の都倉長官は、コロナ禍による文化・芸術現場への影響について「自分の周りの色々なクリエイターや表現者の実態を見ていると、本当に悲惨な状況」と語った。その上で「日本には、ピラミッドのような大きな文化・芸術の組織がない。そうした組織に、下北沢の小さなライブハウスでギターを弾いている若者が、連絡先だけでも登録してあれば、緊急事態の時の目詰まりがなかなか起きないのではないか」と述べ、各種の文化・芸術団体に、ジャンルの垣根を越えて国からの支援が受けられる体制を整えるよう働きかけを始めたことを明らかにした。

 一方、日本音楽著作権協会(JASRAC)の会長を務めた都倉長官が、著作物を作る側と利用する側の利害を調整する文化庁のトップに就くことについて、中立性への影響は「全く(ない)」との認識を示した。さらに「デジタル化でいつ新しい技術やシステムが出てくるか分からない。その時に創作者の権利と新しい技術とのバランスを考えていくのも仕事だ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1990550 0 エンタメ・文化 2021/04/16 19:52:00 2021/04/17 00:59:55 2021/04/17 00:59:55 4月に就任した文化庁の都倉俊一・新長官(16日午前10時42分、東京都千代田区で)=佐藤俊和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210417-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)