落語家で医師の立川らく朝さん、67歳で死去…自作の「健康落語」で活躍

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

立川らく朝さん
立川らく朝さん

 落語家の立川らく朝(たてかわ・らくちょう、本名・福沢恒利=ふくざわ・つねとし)さんが、2日死去した。67歳だった。告別式は近親者で済ませた。

 現役の内科医だった2000年、46歳で立川志らくさんに入門し、プロの落語家に。15年に真打ちに昇進した。医学博士としての知識をいかした自作の「健康落語」で活躍した。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2044495 0 エンタメ・文化 2021/05/11 21:01:00 2021/05/11 21:40:56 2021/05/11 21:40:56 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)