読売新聞オンライン

メニュー

[磯田道史の古今をちこち]「猫の恩返し」 疫病下の粋

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

画・村上 豊
画・村上 豊

 疫病に襲われた江戸人はさぞかし不安だったろう。もちろんワクチンはない。その日暮らしの独身者が裏長屋で寝込んでも給付金はないか、あってもすずめの涙で、たちまち飢渇に及んだ。

 文化十三(1816)年は初夏からうるう八月まで江戸で疫病が流行。人が大勢死んだ(『武江年表』)。疫病のさなか奇妙な話が人々に広まった。江戸の通信社の配信内容『藤岡屋日記』、『宮川舎漫筆』、内閣文庫蔵『雑事記』にも記録されている。

 文化十三年の春のことだ。江戸の富豪・時田喜三郎宅に飼い猫がいた。猫の飼い主は富豪だから毎日魚を買う。天秤てんびん棒で魚を担いでやってくる行商人の利兵衛から買う。行商人は猫好きだった。猫が魚をねだると、少々ずつっていた。ところがこの行商人がぱったり来なくなった。近所のうわさでは病気だという。病臥びょうがして行商ができず、朝夕に困るほどだと聞こえてきた(『宮川舎漫筆』)。魚の行商人は家々を訪問するから真っ先に疫病にかかったのかもしれない。また江戸では疫病が流行はやると生魚ときのこが売れなくなった。当時の疫病の不景気は裏長屋の魚商を最も苦しめた。

 ところがる夜、困窮する魚商の枕元へ猫が来た。なんと富豪の猫だった。魚商は「よくきた」と、なんとか「何か有り合わせの生臭きもの」を食べさせた。ところが猫が帰ると「何方より参り候か」包み紙に入った金小判があった(『雑事記』)。魚商は病気が治ると、この金小判を元手に魚を仕入れて商いを再開できた。猫に何かあげようと、すぐに富豪の家にいった。

 だが、例の猫がいない。きけば「猫は打ち殺した」という。あの猫は十三両も小判が入った包みをくわえていた。さては以前、金小判がせたのもお前の仕業だなと大勢でたたき殺したという。魚商は驚き、事情を話した。その小判は猫から自分がもらったと涙した。小判の包み紙の筆跡を改めると、まさしく富豪のもの。富豪も猫に不憫ふびんなことをしたと嘆き、回向院(墨田区)に手厚く葬り墓碑を建てた。オス猫だったのだろう。戒名は「徳善畜男」(『宮川舎漫筆』)とつけられた。

 近所とはいえ、猫が小判をくわえて運び魚商を見舞うだろうか。魚欲しさに、猫がやったのかもしれないが疑問だ。あるいは店の誰かが陰徳を積もうと猫と一緒に小判を魚商の長屋に投げ込んだのが、奇妙な話になったのではあるまいか。

 真偽はともかく、この話が疫病流行下で人々に受け入れられた点が重要だ。『藤岡屋日記』『雑事記』には農学者の大蔵永常の談としてやはり同じ文化十三年の動物報恩たんがある。大坂では困窮した桜井という米屋の隣に住む男が、猫にくわえられたねずみを助け、鼠が運ぶのか、毎日「隣堺の座敷の縁側に米一升程」が置かれるようになり、「鼠へ、扨々さてさて是迄永々世話になった」もう明日は引っ越しするから少々余計に貰いたい、といったら、翌朝は縁側に三升あった、という話である。

 これも隣の米屋が桜井を気の毒に思って少々ずつ米を恵んでいたものを鼠の仕業にしたものではないかと思う。江戸人は疫病下の不安をユーモア話、生きとし生けるものへの共感と助け合いの話に変えている。パンデミック中は、人の心がささくれ立って他人に苛立いらだち攻撃的になりがちだ。猫や鼠にまで心が通じ助けを期待する心性が江戸人にはあった。島国の日本人の甘さともいえるが、疫病下でこっそり人助けをしていたのなら、我々の先祖のいきを懐かしく思うし、また見習いたい。(日本史家)

 ※次回の「古今をちこち」は6月9日の予定です。

無断転載・複製を禁じます
2044357 1 エンタメ・文化 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 05:00:00 画・村上 豊 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT8I50120-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)