読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ザギトワ選手、出演映画公開前に秋田へ…愛犬「マサル」のきょうだい犬と対面も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

贈呈された秋田犬「マサル」を抱くザギトワ選手(2018年5月)
贈呈された秋田犬「マサル」を抱くザギトワ選手(2018年5月)

 平昌ピョンチャン五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(18)(ロシア)が、日露合作映画「ハチとパルマの物語」が28日から全国公開されるのを前に、映画のロケ地となった秋田県大館市を訪れることになった。

 映画はロシアの空港で飼い主を待ち続けた犬の実話を描いた作品で、ザギトワ選手も出演した。23日に同市で行われる先行上映会(市民対象)で舞台あいさつするほか、公益社団法人・秋田犬保存会(大館市)が贈呈した愛犬「マサル」のきょうだい犬「勝大」との対面も予定されている。

 同市と映画の制作会社がザギトワ選手を招待する。滞在中は新型コロナウイルス感染防止のため、市民との交流は行わない。市の担当者は「ザギトワ選手は日本が大好きで、私たちの熱意に応えてくれた」と喜んでいる。

無断転載・複製を禁じます
2054234 0 エンタメ・文化 2021/05/15 18:39:00 2021/05/15 18:39:00 2021/05/15 18:39:00 贈呈された秋田犬「マサル」を抱くアリーナ・ザギトワ選手。平昌(ピョンチャン)五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのザギトワ選手に公益社団法人・秋田犬保存会が、秋田県大仙市で生まれた生後3か月の雌の子犬を贈った。ザギトワ選手はモスクワ市内での贈呈式で、「この日を心待ちにしていた。大切に飼います」とあいさつ。いとおしそうにマサルを抱きしめたり、なでたりしていた。ロシア・モスクワで。2018年5月26日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)