読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「鬼滅の刃」登場人物が描かれた絵馬が奉納される神社、「昨年春頃から参拝者増えた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮城県岩沼市三色吉の金蛇水かなへびすい神社に、人気アニメ「鬼滅の刃」の登場人物が描かれた絵馬が奉納されている。参拝者が描いたもので、中には原作顔負けの精巧な絵柄もあり、ファンらの注目を集めている。

 同神社とアニメには、「蛇」と「藤」で共通点がある。神社のご神体は蛇の姿をしている。アニメでは、蛇を取り入れた技を使う「伊黒小芭内いぐろおばない」が人気キャラクターの1人。境内には樹齢300年の藤があり、アニメで藤は鬼が嫌う花として描かれ、重要なアイテムになっている。

鬼滅の刃の登場人物が描かれた絵馬が並ぶ金蛇水神社(1日、岩沼市三色吉で)
鬼滅の刃の登場人物が描かれた絵馬が並ぶ金蛇水神社(1日、岩沼市三色吉で)

 これらの共通点がファンの間で話題になり、「聖地」の一つとして訪れる人も。宮司の高橋以都紀いつきさん(37)は、「昨年の春頃からキャラクターが描かれた絵馬や藤を見に来る参拝者が増えた」と話す。

 鬼滅関連の絵馬は10枚ほどで、伊黒小芭内を描いたものが多い。「コロナ滅」の願いをかけたものもある。絵馬は1年ほどたつと、たきあげられる。

無断転載・複製を禁じます
2102070 0 エンタメ・文化 2021/06/04 19:21:00 2021/06/04 20:06:16 2021/06/04 20:06:16 参拝者が登場人物を描いた絵馬が飾られている(1日、岩沼市三色吉で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210602-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)