読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東条英機らA級戦犯7人を「太平洋に散骨」…米軍公文書見つかる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第2次世界大戦後、極東国際軍事裁判(東京裁判)で死刑判決を受け、死刑が執行された東条英機元首相らA級戦犯7人の遺骨を、米軍将校が太平洋上に散骨したとする公文書が見つかった。米軍が、A級戦犯の遺骨をどう扱ったかを示す貴重な史料だ。

東条英機(国立国会図書館提供)
東条英機(国立国会図書館提供)

 文書は、占領期に横浜市に司令部を置いた米第8軍の現場責任者、ルーサー・フライアーソン少佐が作成したもの。日本大生産工学部の高澤弘明・専任講師(法学)が、米国立公文書館で第8軍の文書群の中から見つけた。

A級戦犯の遺骨を太平洋上に散骨したことを記す米軍の公文書(米国立公文書館所蔵、高澤弘明・専任講師提供)
A級戦犯の遺骨を太平洋上に散骨したことを記す米軍の公文書(米国立公文書館所蔵、高澤弘明・専任講師提供)

 遺骨の処理について記された文書は2種類あり、1通は1948年12月23日付で、遺体の処置が終わったことや、東条元首相らA級戦犯7人の氏名を記載している。

 もう1通は49年1月4日付で、散骨に至るまでの経緯を時系列で詳細に記している。それによると、48年12月23日、巣鴨拘置所(東京)で7人の死刑執行に立ち会った少佐は、遺体を乗せたトラックに同行し、横浜市内の火葬場に向かった。火葬を済ませた7人の遺骨は別々の骨つぼに納められ、軍用機に積まれた。その後、「横浜の東の太平洋上約30マイル(約48キロ)の地点に進み(略)遺骨を広範囲に散布した」と記されている。

 米軍が海に遺骨をまくことを決めた理由は文書には記されていない。高澤氏は「遺骨が、神聖視されないようにするためだった」と分析している。

 高澤氏は「これまで証言によって、東京湾や太平洋と言われてきたが、公的な文書で遺骨がまかれたことが確認できた意義は大きい」と話した。

◆A級戦犯 極東国際軍事裁判(東京裁判)で、「平和に対する罪」などで起訴された軍人や政治指導者ら28人。病死者などを除く25人が有罪とされ、東条英機元首相や広田弘毅元首相ら7人が絞首刑となった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2111662 0 エンタメ・文化 2021/06/09 13:16:00 2021/06/09 14:03:19 2021/06/09 14:03:19 東條英機(国立国会図書館提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210609-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)