読売新聞オンライン

メニュー

旺盛な探求心で徹底した取材、対象に「巨大権力」選ぶ…立花隆さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 時の首相を退陣に追い込むきっかけを作ったリポート「田中角栄研究――その金脈と人脈」で知られるジャーナリストで評論家の立花隆(たちばな・たかし、本名・橘隆志)さんが4月30日、急性冠症候群のため亡くなった。80歳だった。告別式は家族葬で済ませた。

大量の本や資料が置かれた事務所で話をする評論家の立花隆さん(2010年5月)
大量の本や資料が置かれた事務所で話をする評論家の立花隆さん(2010年5月)

 1940年、長崎市生まれ。64年に東大文学部仏文科を卒業後、文芸春秋に入社して週刊文春の記者になったが、66年に退社。再び東大文学部の哲学科に籍を置きながらフリーのジャーナリストとなった。74年に発表した「田中角栄研究」では膨大な資料を駆使して田中首相の金権政治の実態を暴き、首相退陣の引き金になった。

 旺盛な探求心で徹底した取材を行い、取材対象に巨大権力を持つ人・組織を選び、登記簿などの証拠を一つひとつ積み上げて全体像を描きあげる、調査報道の手法を日本で成功させた。平易で力強い文章でニュージャーナリズムの旗手となり、「文芸春秋」「中央公論」などにノンフィクション、評論などを次々に発表した。

 興味関心は哲学、宗教、宇宙、脳科学、サル学など多方面に及び、「知の巨人」とも称された。東大特任教授も務めた。「中核VS革マル」「脳死」「臨死体験」「天皇と東大」など著書多数。79年に「日本共産党の研究」で講談社ノンフィクション賞、83年に菊池寛賞、98年には第1回の司馬遼太郎賞を受賞するなどした。

無断転載・複製を禁じます
2148427 0 エンタメ・文化 2021/06/23 11:34:00 2021/06/23 12:19:32 2021/06/23 12:19:32 評論家の立花隆さん。東京・文京区の立花隆事務所で。2010年5月3日撮影。6月24日夕刊[こころ がんと向き合う 死の受容 時間にゆとり 「複雑な病気」高い関心]掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)