読売新聞オンライン

メニュー

「アタック25」9月終了、タレント起用の波に勝てず…若年層狙う番組に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1960~80年代を中心にテレビで人気を集めた視聴者参加型のクイズ番組が、一時代の終わりを迎える。各局の番組がほぼ姿を消し、代表的な長寿番組だった朝日放送テレビ(大阪市)の「パネルクイズ アタック25」が終了する。背景には何があるのか。(真崎隆文)

視聴率は堅調

「アタック25」の3代目司会を務める谷原章介さん=朝日放送テレビ提供
「アタック25」の3代目司会を務める谷原章介さん=朝日放送テレビ提供

 「アタック25」は日曜昼の全国ネット。俳優・児玉清さん(2011年死去)の司会で1975年4月に始まり、現在は俳優・谷原章介さんが3代目を務める。赤、緑、白、青の席に着いた4人の解答者が問題に答え、正解者がオセロゲームのようにパネルを奪い合う形式が人気を集めたが、9月の終了が決まった。

 視聴率は5~6%台と堅調に推移するものの、朝日放送テレビの関係者によると40、50代以上の視聴者が多い。同局の山本晋也社長は今月14日の記者会見で、若い世代にもっと見てもらえるよう番組編成を見直したことを、終了の理由に挙げた。

 山本社長が危惧するのは、NHK放送文化研究所が5年ごとに行う国民生活時間調査だ。今年発表のデータで、平日にテレビを15分以上視聴する人の割合が16~19歳で47%(前回比24ポイント減)と低迷するなど、“若者のテレビ離れ”が顕著に表れ、対応を迫られた。

 業界で「F1」と呼ばれる20~34歳の女性は購買欲が高く、広告にも影響があるとされる。「アタック25」の後継番組は若年層を狙い、男性アイドルグループのバラエティーを据える。

1

2

無断転載・複製を禁じます
2221671 0 エンタメ・文化 2021/07/20 16:04:00 2021/07/20 18:51:52 2021/07/20 18:51:52 「アタック25」の司会者を務める谷原章介さん※ネット掲載も可=朝日放送テレビ提供撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)