読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

酷暑の中でも清涼感、神社に生花の「花手水」…水面に映える夏の風景を表現

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大津市の唐崎神社で、邪気を はら う「みたらし祭」が開かれている。井戸にかぶせたアクリル板や 手水てみず 鉢に生花などを飾る「花手水」を初めて実施し=写真=、参拝者の目を楽しませている。28日まで。

 酷暑の中でも清涼感を醸し出そうと、市内で生花店を展開する「 一花いちか (ichica)」の協力で企画。アクリル板(120センチ四方)の上にヒマワリや淡い青色のデルフィニウムなどを配し、水面に映える夏の風景を表現した。手水鉢にはカラフルな水風船も浮かべている。

 唐崎神社は日吉大社の境外にある摂社で、特に女性を守る御利益があるとされる。みたらし祭は28日に「本殿祭」(午後3時)「湖上 焚上たきあげ 神事」(同4時)などの主要神事が営まれる。問い合わせは日吉大社(077・578・0009)。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2232852 0 エンタメ・文化 2021/07/25 13:19:00 2021/07/25 15:13:22 2021/07/25 15:13:22 今年の「みたらし祭」で初めて企画された花手水(大津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)