読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

村上春樹さん「新しい文化の発信基地みたいになれば」…ライブラリー開館で講演

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)開館にあたっての記者会見で、作家の村上春樹さん(72)は学生時代の思い出を振り返りながら、ライブラリーが多くの人の交流の場になってほしいとの希望を語った。会見時に行った講演の要旨は以下の通り。

村上春樹さん
村上春樹さん

 このたび早稲田大学国際文学館、村上春樹ライブラリーが、この早稲田キャンパスの4号館に設置されることになりました。4号館は僕が学生だったころは学生に占拠されていました。1969年に4号館の地下ホールで山下洋輔さんがフリージャズのライブをやったんです。

 そのときピアノは大隈講堂からみんなで勝手に持ち出して運んで来て、かついだ一人は、作家の中上健次さんだったということです。中上さんは早稲田の学生じゃなかったんですけど、外から手伝いにきたそうです。僕は残念ながらライブには行けなかったけれど、このコンサートのドキュメンタリー番組を作っていた田原総一朗さんの話によると、仲の良くないセクト同士が一つの場所に集まって、けんかもせずに呉越同舟で山下さんの演奏に聴き入ったと言います。

 その建物を今回、まるごと使わせていただくということで、非常に興味深いめぐり合わせだと思います。(ファーストリテイリング会長兼社長の)柳井正さんはたまたまですけど、僕と同じ年に早稲田に入学されまして、これも何かの縁だという気がします。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2387559 0 エンタメ・文化 2021/09/22 18:25:00 2021/09/22 21:08:02 2021/09/22 21:08:02 早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)の開館記者会見で、フォトセッションに臨む村上春樹さん(22日午後4時、東京都新宿区で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210922-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)