読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「アタックチャンス」で締めくくり…「アタック25」が最終回、46年の歴史に幕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 朝日放送テレビ(大阪市)制作の視聴者参加型クイズ番組「パネルクイズ アタック25」が26日、最終回となる2280回目の放送を終え、46年の歴史に幕を下ろした。

最終回を「アタックチャンス」の決めぜりふで締めくくった谷原さん。握る拳に力が入った=朝日放送テレビ提供
最終回を「アタックチャンス」の決めぜりふで締めくくった谷原さん。握る拳に力が入った=朝日放送テレビ提供

 1975年4月、俳優・児玉清さんの司会でスタート。赤、緑、白、青の席に着いた4人の解答者が問題に答え、正解者がオセロゲームのように25枚のパネルを取り合う形式が人気を集めた。79年1月に最高視聴率24・2%(ビデオリサーチ調べ、関西地区。関東地区は80年1月の21・5%)を記録したが、最近は6%前後で推移し、同局は「一定の役割を終えた」として終了を決めた。

 最終回はチャンピオン決定戦と銘打ち、トップ賞の獲得経験者による選考会を通過した12人が集結。“史上最強”の称号を目指して知力を競った。最後に、3代目となる現司会者の俳優・谷原章介さんが「クイズを愛する皆さんの熱い思いは永遠です」とあいさつ。重要な局面で拳を握りしめながら発する「アタックチャンス」の決めぜりふで、番組を締めくくった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2395566 0 エンタメ・文化 2021/09/26 18:41:00 2021/09/27 06:36:04 2021/09/27 06:36:04 最終回を「アタックチャンス」の決めぜりふで締めくくった谷原さん。握る拳に力が入った=朝日放送テレビ提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210926-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)