読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北海道と北方領土つなぐ海底通信ケーブル、ついに発見…専門家ら40人が発掘

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

発掘調査で見つかった海底ケーブル(下)(9日、根室市で)
発掘調査で見つかった海底ケーブル(下)(9日、根室市で)

 第2次大戦まで北海道根室市と北方領土の国後島を結んでいた通信用海底ケーブルの中継拠点「根室国後間海底電信線 陸揚りくあげ 施設」で9日、市などによる調査が行われ、ケーブルの一部が地中から発見された。施設は近く国の登録有形文化財となる見通しで、市はケーブルの一般公開を検討している。

 市教育委員会などによると、施設は、1900年に旧逓信省が敷設したケーブルを地下から陸揚げするために建設された。鉄筋コンクリート平屋建ての約20平方メートル。内部の床に開口部が設けられている。戦後、民間に払い下げられて倉庫として使われていたが、2013年、市が土地ごと購入した。

 ケーブルは、根室市から国後島を経由して択捉島まで延びていたが、旧ソ連が占領後に切断したという。その後、“切れ端”が海底に沈んでいたとみられるが、施設内や周辺では見つかっていなかった。

 この日は、専門家やボランティアなど約40人が、小型重機やスコップを使って発掘を開始。約1時間後、施設周辺の深さ約50センチの地中から、太さ約5・5センチの赤銅色のケーブルを発見した。

 国の文化審議会は7月、施設の文化財登録を文部科学相に答申した。調査を指導した北海道博物館の右代啓視学芸員は「北方領土とつながる象徴的な建物で、ケーブルは重要な文化財。無事に見つかってホッとしている。北方領土との交流事業などでの活用も期待される」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2433902 0 エンタメ・文化 2021/10/11 09:03:00 2021/10/11 17:46:12 2021/10/11 17:46:12 海底ケーブル(下)を手堀りのスコップで発見した根室市北方領土対策監の谷内紀夫さん(右)と調査にあたる北海道博物館の右代啓視さん(右から2人目)(10月9日午前9時11分、根室市で)=石原健治撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211011-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)