読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

仙台に人気ジャズ漫画のモニュメント、作者・石塚真一らが除幕式

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 仙台市を舞台にジャズを描く人気漫画「BLUE GIANT」と、毎年秋に行われる「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」を表したモニュメントが同市青葉区の西公園に設置された。漫画の作者、石塚真一さんらによる除幕式が22日、行われた。

モニュメントの前に立つ「BLUE GIANT」作者の石塚さん(22日、仙台市青葉区で)
モニュメントの前に立つ「BLUE GIANT」作者の石塚さん(22日、仙台市青葉区で)

 モニュメントは漫画とフェスで仙台の新たな魅力を発信しようと、フェスを主催する協会が発起人となって設置。漫画の主人公・宮本大が高らかにサックスを吹く姿と、「杜の都に咲き誇る音楽の花」との言葉があしらわれている。漫画に西公園の蒸気機関車が登場し、大がそばを流れる広瀬川のたもとでサックスを練習する場面が描かれたことから、この場所が選ばれた。

 除幕式で石塚さんは「大は漫画のキャラではあるが、一人の人間として描いている。仙台とジャズフェスを盛り上げるのに役立てば」と語り、「僕も映画や漫画の舞台に行ってみたい」と“聖地化”に期待を示した。フェス協会の武藤政寿代表理事は「フェスは2年連続で中止となったが、来年こそは開催したい」と意欲を語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2466532 0 エンタメ・文化 2021/10/24 08:06:00 2021/10/24 11:44:12 2021/10/24 11:44:12 「BLUE GIANT」をあしらったモニュメントの前に立つ作者の石塚さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211022-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)